名探偵コナン

名探偵コナン【1065話】最新話ネタバレ確定&感想!キャメルが撃たれた?FBI連続殺害事件

こんにちは。ひらりです。2020年12月2日発売の週刊少年サンデーより、名探偵コナン【1065話】「狩人と獲物」を読みました。

1064話では、何とか陸に上がることが出来たキャメルを赤井とコナンの2人で迎えに行こうとした時、キャメルが灯していた火の光が黒ずくめの組織に見つかってしまいました。

キャメルは人が来る朝まで黒ずくめの組織に見つからず、逃げ切ることが出来るのでしょうか。

それでは、この記事では、名探偵コナン【1065話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

名探偵コナン【1065話】最新話ネタバレあらすじ

キャンティとコルン、水無はどれだけ探しても見つからないキャメルが既に島にいないのではないか、と考えました。

対して、ベルモットとジンはキャメルがまだ島にいると考えています。

その通り、キャメルは黒ずくめの組織が捜索をしているすぐ近くのカフェの中にいました。

更に身を隠すために赤井に指示された物をカフェの中から拝借したキャメルの元に黒ずくめの組織が接近。

退路を確保しているキャメルはすぐにカフェを出ようとするも、そこでウォッカがRUMの話を始めたため思わず足を止めてしまいました。

義眼であるということ以外、確かな情報がないRUMは、ジン曰くふざけた名前を名乗っているようです。

その時、キャメルはばらまいてしまっていたコーヒー豆を踏み潰してしまいました。音に気づいたウォッカとキャンティは発砲。

すぐに裏口から逃げたキャメルを追ったウォッカは、コーヒー豆を踏み滑って転んでしまいました。

逃げ切ることが出来たキャメルは、赤井の指示で土に隠れる準備をします。

コーヒー豆が落ちていることから、ジンはキャメルの行動を予測しすぐに探そうとしました。

しかしここでまたRUMからの助言が入ります。

赤井から連絡を受けた工藤邸のメンバーは一安心。

しかし優作だけは黒ずくめ組織になりきり、この後に起こる悲劇を予想していました。

黒ずくめの組織は島に火を放ったのです。このまま土に埋まっていれば焼け死んでしまうキャメルは土から出ると、赤井の指示どおり逃げます。

ジンたちに見つかりながらも桟橋に逃げ柵を閉めたキャメル。逃げ場のないキャメルにじりじりとジンが迫ってきます。

赤井は遠くから銃を構えており、タイミングを見てキャメルに走れと叫びます。

走り出したキャメルの頭を撃ち抜こうとする水無に、ジンは心臓を撃てと指示。

すぐに撃ったキャンティの弾がキャメルの胸を貫きました。

名探偵コナン【1065話】感想

FBI連続殺害事件第5話、指示がなければ動けないキャメル続編です。火の痕跡を埋めたこと、必要のないコーヒー豆をばらまいてしまったこと全てが裏目に出てしまいました。

RUMの情報を微かに掴むことが出来ましたが、ここで死んでしまったら大きすぎる代償を払っただけでなく、情報を伝えられずに終わってしまいます。

それだけは避けたいところです。また今回の話はキャメルを殺す前から水無大ピンチ。もしもジンが水無を疑っているとすれば、ここにもRUMの助言があるのでしょう。

名探偵コナン【1066話】考察予想

ラストシーンから想像するに、キャメルは心臓を撃たれてはいない気がします。中心から若干右にずれているように見えました。

ラスト赤井の顔から、赤井が撃った可能性もあります。重傷なのは確かであるため、この状態で海に落ちたら捕まるのは必至です。

キャメルが心臓を狙われた背景には、ジンが水無を疑っているということがあるのでしょう。

島の火災に気づいた消防艇、もしくは赤井やFBIの策は、黒ずくめの組織がキャメルの顔を見るより先にキャメルを助けられるのでしょうか?

名探偵コナン【1066話】へ

まとめ

この記事では、名探偵コナン【1065話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

▼名探偵コナン劇場版もU-NEXT▼

\『緋色の弾丸』記念/
\劇場版過去作23作品も見放題/

時計じかけの摩天楼/14番目の標的/世紀末の魔術師/瞳の中の暗殺者/天国のカウントダウン/ベイカー街の亡霊/迷宮の十字路/銀翼の奇術師/水平線上の陰謀/探偵たちの鎮魂歌/紺碧の棺/戦慄の楽譜/漆黒の追跡者/天空の難破船/沈黙の15分/11人目のストライカー/絶海の探偵/異次元の狙撃手/業火の向日葵/純黒の悪夢/から紅の恋歌/ゼロの執行人/紺青の拳

▼過去作を見てから映画を見る?▼