キングダム

キングダム【666話】ネタバレ考察!羌塊が狙われる理由

こんにちは。ひらりです。

2021年1月7日発売のヤングジャンプより、キングダム【666話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

665話では、羌塊を訪ねてきた、羌礼という者が、飛信隊の戦場で大暴れを起こします。これに、歩兵長の崇原も怒り、我慢の限界に到達し、羌礼を切り殺す事にします。

それを止めた羌塊ですが、羌礼の狙いは何と羌塊を殺すという驚きです。

最新の「ヤングジャンプ」を無料で読む

キングダム【666話】ネタバレ「祭の開催」

羌塊が育った所では、祭という式典で、他の部族の代表達を打ち破ったら、外の世界へ行けるということになっています。

そして、外の世界へ出て行った、たった一人が討たれるまで、次の祭が開催されないことになります。

そうなると、羌礼は祭を勝ち抜いて出て来たということになり、外の世界へ出て行った一人が討たれたということです。

ただ、羌塊はこっそり街を出て、祭で勝ち抜いた幽原という者を倒し、何も伝えていないので、祭が行われることはないはずです。

ということは、幽原を殺した事を唯一知る女性が内通したのではと予想します。

キングダム【666話】ネタバレ「羌塊が狙われる理由」

羌礼が、羌塊を狙いにきた理由というのは、間違いなく、幽原を倒したのが羌塊だとバレているからだとおもいます。

つまり、羌礼は羌塊を討つことで、真の祭の勝者になると思っているのでは無いかとおもいます。

また、部落のルールを違反して、外の世界へ出て行った羌塊の存在が気に入ってないということも、もちろんあるのかなと感じています。

ただし、一番は「最強」という称号が欲しいためだと思いますので、多くを背負う羌塊の方が一枚上手てだろうと思います。

キングダム【666話】ネタバレ「激しい戦い」

羌塊は、飛信隊のメンバーに影響が出ないように、周りに人がいない場所へ移動します。その前に、飛信隊の信へある話をします。

おそらく、また帰ってくる!というくらいのシンプルな話かと思います。

本来なら、羌塊がもし羌礼に討たれた際に、弓隊などで一斉攻撃するのも予想されるが、羌塊は、信じて待っていて欲しいという意味で信に話すのでは無いかと思います。

いざ、対戦が始まると、怪我が完治していない羌塊は大苦戦します。果たして、無事に飛信隊の元へ帰ることが出来るのでしょうか?

まとめ

この記事では、キングダム【666話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(確定はこちら

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「キングダム」のアニメや漫画を1冊お得に読む