キングダム

キングダム【658話】最新話ネタバレ確定&感想|一つの覚悟!背を向けた寿胡王

こんにちは。2020年10月22日発売のヤングジャンプより、キングダム【658話】「一つの覚悟」を読みました。

657話では、楚国の国境に位置する什虎城。そこを落とすため、秦魏同盟軍は攻撃を仕掛けます。攻めきれない中、騰と蒙武を主攻とする呉鳳明。蒙武は満羽と激突し、騰は寿胡王の目前まで迫っていました。

一方の千斗雲も、呉鳳明の目前へ・・・。しかし、呉鳳明はさらに先を読んでいます。戦争と同時に、魏軍の井闌車が什虎城に迫っているのです!!

それでは、この記事では、キングダム【658話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「キングダム」のアニメや漫画を1冊無料で読む

キングダム【658話】最新話ネタバレあらすじ

そこは什虎城。既に魏軍は、城攻めを開始していました。

特殊な井闌車を使う魏軍は、城壁に兵を送り込んでいるのです!!

井闌車は城壁以上の高さがあり、逆に上から弓を討たれる什虎城軍。

間もなく、城門が開く段階にまでなっています。

一方、秦魏同盟軍と楚軍の戦いは、騰が活躍していました。一点突破を図り、真っ直ぐに寿胡王の下を目指す騰。

しかし、異変に気が付きます。

次の瞬間・・・顔を逸らした騰の目前を、矢が通過・・・・!!?

遠方から、白麗が騰を狙っているのでした。

白麗を目視し、避けられると判断する騰。

ただ、背後からは項翼が迫っています。

項翼の攻めと、白麗の援護・・・。

騰が苦戦を強いられると感じた時、項翼の背後から、乱美迫が現れました。

乱美迫に追い立てられ、動きを止める項翼。

この隙に、騰は再び前を目指します。

迫ってくる騰軍を見て、退却の指示を出す寿胡王。

不敗の軍師がここまで読み違えた理由は、満羽の異変に会ったのです。

いつもなら千斗雲と同じく、前線を押し上げる満羽。

しかし今回は、自陣に留まっています。

全てをなくした満羽に変化を与えたのは・・・蒙武の存在!!

敗北を越えて境地に至った満羽は、始めて心動かされる相手と対峙していました。

激しくぶつかり合う、蒙武と満羽。

徐々に互角に持ち直す蒙武を見て、満羽はその背にあるものが気になってきます。

蒙武が背負っているものが死者の思いであれば、問題ない・・・。

ただ、生きている者の思いであれば、ある覚悟をしておかなければならないと話す満羽。

その言葉を聞き、蒙武は友である昌平君を思い出していました。

生きている者の思いを背負っていても、その人物に裏切られる覚悟をしておけ!!

満羽はそう話し、矛を振り上げます。満羽の言葉を聞き、怒りを覚えた蒙武。

次の一撃で、満羽を落馬させるのでした。

2人が激突している頃、後退を始めた寿胡王。

彼にとって現時点での誤算は、満羽の異変です。

ただ、もう一つ誤算が・・・。

それは呉鳳明が主攻を任せた、騰の圧倒的な突破力!!背を向けた寿胡王のすぐ傍まで、騰は迫っていました。

キングダム【658話】感想

満羽と蒙武の戦いに注目が集まる中、互いの軍師が策を練り続けています。満羽を信じていたあまり、後退の時期を見誤った寿胡王。

その隙に、騰は背後まで迫っていました。さらに、呉鳳明は什虎城の攻撃も開始しています。

戦争では秦軍を主攻とし、助攻に回った魏軍。裂いた戦力で、什虎城を攻め落とすまでになっていますね。

さすが、呉鳳明はここにいる誰よりも先が見えています。騰に攻められ、なんとか逃げ切った寿胡王。

ただ、既に城が落とされているかもしれません・・・。

キングダム【659話】考察予想

ここまでの展開は、全て呉鳳明の考え通りな気がします。硬直状態を打破するため、秦軍を動かした呉鳳明。

その意図は、自軍の温存ではないでしょうか!?

平地での戦争と同時に、什虎城の城攻めを行っている魏軍。この兵を戦場に向ければ、硬直状態を打破することができるはずです。

しかしそうしなかったのは、什虎城を先に落とすため・・・。攻めを秦軍に任せることで自軍の戦力を温存するとともに、早く城を手に入れられます。

もし騰が寿胡王を討てなくても、魏軍からすると足止めするだけで十分なのです。

まとめ

この記事では、キングダム【658話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「キングダム」のアニメや漫画を1冊無料で読む