キングダム

キングダム【651話】最新話ネタバレあらすじ感想|援軍来たる!

こんにちは。2020年8月27日発売のヤングジャンプより、キングダム【651話】「援軍来たる」を読みました。

650話では、趙国との戦いに備え、魏国と同盟を組もうとする昌平君。魏秦同盟の条件といて提示したのは・・・什虎城を魏に渡すということでした。

しかし・・・什虎城は楚国の城。蒙武軍が什虎に向かいますが・・・対する将軍は、不落と言われる什虎を守る猛者たちでした。

それでは、この記事では、キングダム【651話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

キングダム【651話】最新話ネタバレあらすじ

什虎城の将軍、満羽とぶつかる蒙武。

戦力は同じ三万となり、激しい戦いが始まります。

敵本陣を目指す蒙武軍の前に現れたのは・・・大将の満羽!!?

満羽は蒙武以上の巨体を誇り、蒙武軍の兵をなぎ倒していくのでした。

蒙武軍深くに入り過ぎ、部下に止められる満羽ですが・・・。

彼の狙いは、蒙武との勝負にあります。

自軍の兵との戦いで消耗した蒙武とは戦いたくないと、蒙武の元を目指していたのです。

徐々に近づいて来る蒙武を睨む満羽。

一方、満羽を見た蒙武も・・・脅威を感じ、満羽の元を目指すのでした。

そんな戦況を、高台から見下ろすのは軍師の蒙毅。

蒙武の息子です。

成長した蒙毅を軍師として迎えていた蒙武軍。

蒙武が満羽に狙いを定めたことで。勢いが落ちたことを危惧しています。

ただ・・・蒙武が直接戦わなければならないほど、満羽は危険な存在だと感じ取るのでした。

そんな蒙武軍と満羽軍の戦いを見ているのは、什虎城のもう1人も将軍・・・千斗雲!!

彼女も蒙武と戦いたい気持ちを抑えきれず、軍師からの命令の前に動き出してしまいます。

千斗雲軍が満羽軍に加わると・・・劣勢となる蒙武軍。

その時・・・左から新たな軍が現れました。

什虎の戦いを耳にし、援軍に現れたのは騰!!

二万の兵を、騰自らが率いて現れたのです!!

戦況を見た騰は、この戦いが難しいことを理解。

什虎には、満羽、千斗雲、玄右、寿胡王の四人の将がいると語り始めました。

かつて、楚国に滅ぼされた亡国の大将軍だった四人。

この四人を操れないと感じた楚国は、国内で最も重要な拠点である什虎城を与えたのです。

騰は援軍を率い、戦場に割って入りました。

ただ・・・騰軍が加わっても戦力は五万・・・。

対する什虎には、八万の軍勢が控えています。

やはり・・・魏国が援軍を送らなければ勝てないと判断する蒙毅。

その時・・・新たな軍が登場しました!!

現れたのは・・・将軍となった、項翼と白麗!!?

三万の兵を率いて、蒙武の首を取りに現れたのです!!

このお話が掲載されている『ヤングジャンプ』を試し読みからチェックする

キングダム【651話】感想

今回のタイトルは〝援軍来たる〟。遂に、魏国が什虎城の戦いに参戦するのかと思いました。

しかし・・・援軍に現れたのは、騰軍。

大将軍に昇格した騰が自ら現れたのは大きいですが・・・最後には想定外の援軍が現れました。

なんと、楚国が援軍を送ってきたのです。

合従軍として戦った函谷関の戦いで、国内最強であった汗明大将軍を討ち取った蒙武。その蒙武を、楚国は脅威と感じたのでしょう!!

驚きなのは、信と同じく項翼と白麗が将軍に昇格していたことです。ここでは、二人の活躍がメインになる可能性もありますね。

キングダム【652話】考察予想

次回、項翼と白麗が成長した姿を見せてくると思います。これには・・・蒙武と騰も苦戦するのではないでしょうか。

まず、満羽や千斗雲など、什虎城の将軍でも手いっぱいの状態である秦軍。ただ、項翼と白麗は援軍としての役割を完璧にこなすと予想します。

今後、信や王賁、蒙恬と肩を並べて激突すると思われる楚国の二人。今回の戦で、その力を十分に見せてくれそうです。

什虎を落とせるかどうかは・・・やはり呉鳳明の判断に・・・。

現段階では、蒙武軍は撤退するのではないかと思います。

この戦いで秦国の本気度を知った魏国は、その後同盟を結ぶのではないでしょうか。

まとめ

2020年8月27日発売のヤングジャンプより、キングダム【651話】「援軍来たる」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

『キングダム』を試し読みからチェックする