キングダム

キングダム【650話】最新話ネタバレ確定|秦魏同盟本当の狙い!二重策!

こんにちは。2020年8月20日発売のヤングジャンプより、キングダム【650話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

649話では、趙国を攻め続ける秦軍。しかし・・・邯鄲を落とすことは未だにできていません。そこで、昌平君はある策に出ました。その策とは、魏国と同盟を組む・・・!!

ただ、魏国がそんな同盟に応じるはずはありません。それを見越した昌平君は、ある条件を出したのです!!

キングダム【650話】最新話ネタバレ「秦魏同盟」

魏軍と共闘し、楚国の什虎城を落とす同盟を提案した昌平君。

さらに、奪った什虎城をそのまま魏国に渡すというのです!!

半分の兵力で、楚・秦・魏の国境に位置する什虎城を落とせる可能性がある・・・。この条件を、魏国は飲むと予想します。

魏国の決定権は、実質総大将の呉鳳明にあります。

魏王も軍師の玻瑠も、この条件に迷いを見せていました。最終決断を下す呉鳳明は、昌平君の予想通り同盟に乗ってくるのではないでしょうか!?

キングダム【650話】最新話ネタバレ「不仲」

ここでは、呉鳳明が同盟を拒否すると予想します。この可能性も十分にありますね。

なぜなら、魏国にとって楚国を敵に回すことは危険性が高いのです。六国の中で、最大の領土を誇る楚国。

合従軍で楚軍の戦力を目にしている呉鳳明は、楚軍が簡単な相手ではないと分かっているはずです。

秦軍と同盟を組み、什虎城を落とすメリットは、楚国の領土を奪うことに集中できること・・・。

秦国は、その間に趙国を滅ぼすことに着手できます。

双方のメリット・デメリットを考えると、秦魏同盟は実現しない可能性も大いにありますね!!

キングダム【650話】最新話ネタバレ「二重策」

ここでは、昌平君の本当の狙いを考察したいと思います。前回、秦魏同盟を提案した昌平君。

しかし、本当の狙いは・・・趙国と魏国を同時に滅ぼすこと・・・。

魏国に同盟を提案すると同時に、楚国にも同盟を提案していると仮定します。

楚国には、共闘して魏国を滅ぼそうと提案する・・・。

魏国にとって、秦魏同盟はデメリットの方が大きいと思います。

秦楚同盟で、魏軍を足止め。その間に、趙国を落としてしまうのではないでしょうか!?

秦国は趙国の領土を奪い、楚国は魏国の領土を奪う・・・。

これなら、双方に大きなメリットがあります!!

キングダム【651話】へ

まとめ

2020年8月20日発売のヤングジャンプより、キングダム【650話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

➡「キングダム」のアニメや最新刊を無料で読む