鬼滅の刃

鬼滅の刃【171話変ずる】最新話ネタバレ感想|172話を考察!

こんにちは。2019年8月26日発売の週刊少年ジャンプをいち早く入手しました。鬼滅の刃【第171話】「変ずる」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちらからお願いします↓

漫画最新話ネタバレ
鬼滅の刃【170話不動の柱】最新話ネタバレあらすじ感想|171話を考察!こんにちは。2019年8月19日発売の週刊少年ジャンプをいち早く入手しました。鬼滅の刃【第170話】「不動の柱」を読みましたのでご紹介し...

170話では、傷を塞いだ実弥の体にも痣が出現し、実弥が戦いに参戦。実弥と行冥が連携して黒死牟と戦い始めました。

こんなこともあろうかと柱稽古をしていた実弥と行冥は息をするようにお互いの動きを読み、確実に黒死牟を追い詰めていきます。

鬼滅の刃【171話変ずる】最新話ネタバレあらすじ

黒死牟の髪の毛を喰ったおかげですさまじい回復速度を見せた玄弥の胴はあっという間に繋がりました。

血の速度が上がり、気分がいいと感じる玄弥は黒死牟の折れた刀の刃先を喰えればもっと回復できると思います。

しかし回復と同時に、玄弥の頭の中には声が響始めていました。

「黒死牟 柱を何人倒した? まだ此方へは来させるな」

無惨の声です。無惨の声が聞こえるということは、玄弥の体はかなり鬼化が進んでいます。

俺の体・・・どうなっていくんだ・・・。

シーンは変わり、黒死牟VS行冥・実弥の戦いへ。黒死牟は戦いながら行冥のことを分析します。

屈指の肉体を持つだけでなく武器も盲目の行冥のためによく考えられたもの。

行冥の実力がかなりのものである以上、黒死牟は先に実弥の武器を破壊しようと考えます。

側面から叩けば簡単に刀を破壊できると思った黒死牟ですが、実弥は刃を立てることでそれを阻止します。

実弥の戦闘速度はかなり上がっており、黒死牟の髪を切り裂きます。

結び目を失って広がる黒死牟の髪の毛。

黒死牟は実弥、行冥に代わる代わる攻められ、避けるのが間に合わずに行冥に耳を切り取られてしまいます。

塵旋風・削ぎ!!風の呼吸 漆ノ型 勁風・天狗風。岩の呼吸 壱ノ型 蛇紋岩・双極。

2人の攻撃を受けきれず黒死牟の着物が、散ります。ここを畳み掛ける2人。

「頸を 頸を斬るまでは 頸を!!」

ともう一度黒死牟に向かう2人でしたが「そうだその通りだ」と言う黒死牟に離れているにも関わらず切り裂かれてしまいました。

何がおきた・・・。

「着物を裂かれた程度では・・・赤子でも死なぬ・・・」

と黒死牟が構える刀は先ほどとは違い、刃からさらに3本の刃が生えています。

「貴様ら二人を討ち果たしてしまえば・・・残りは容易く済みそうだ・・」と黒死牟は言います。

鬼滅の刃【171話変ずる】の感想

全くと言っていいほど黒死牟にダメージを与えることはできていなかったようです。実力が違うのですね。

耳をそぎ落としたことが逆に黒死牟を怒らせて力を増幅させることになってしまった気がしています。裏では着々と変化が起こり始めている玄弥。

鬼化しているとのことで一緒に居る時透も少し心配ですが、この玄弥が勝利への道を切り開いてくれると信じています。黒死牟の強さが仇となってしまったと分かった時の黒死牟の反応が楽しみです。

鬼滅の刃【172話】を考察

次にキーパーソンとなるのは玄弥だと思います。これ以上、鬼化が進んでしまった場合どうなってしまうのかは分かりませんが、このままでは誰も助けることが出来ないことも確かです。

玄弥は落ちている黒死牟の刀を喰らい完全に鬼化してしまうでしょう。

その状態で、黒死牟と戦うという人としての意識や、実弥達が分かる見た目をしているかは分かりませんが、今の状況では鬼のでたらめな力でしか黒死牟に勝つきっかけを作ることができないでしょう。