鬼滅の刃

鬼滅の刃【194話】最新話ネタバレ確定&感想!鬼殺隊の危機!炭治郎は限界、行冥・小芭内負傷?

こんにちは。2020年2月17日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【194話】「灼熱の傷」を読みましたのでご紹介します。

193話では、どんどん速度が落ちていく炭治郎は無惨の攻撃を避けることが難しくなってきました。それでも殺されない炭治郎。その理由は無惨自身が珠世の薬で老化が進んでいたからでした。

ギリギリの攻防ですが、炭治郎は無惨を倒すという執念のみで、12個の型を連続して出すことに成功しました。

➡️『鬼滅の刃』のアニメや最新刊を無料で読む

鬼滅の刃【194話】最新話ネタバレあらすじ

無惨に斬られて体がバラバラになっている茶々丸は、ジタバタともがいていました。茶々丸を発見した愈史郎は茶々丸を抱き上げます。

生きている茶々丸に驚いている村田たちに、愈史郎は決戦直前に茶々丸を鬼にできたことを話します。

それよりも早く皆の手当てをしろと怒る愈史郎。村田たちははっとして自分達の仕事を思い出します。

無惨の毒への血清が打たれていないのは、善逸、伊之助、カナヲの3人のはず。

村田はカナヲを抱える隠に血清のアンプルを渡します。

その頃愈史郎は行冥に駆け寄っていました。声をかけるも反応はありません。加えて行冥は足を失っていました。

愈史郎はとにかく行冥の足の止血をしますが、行冥が意識を取り戻したとしても戦えないと判断します。

炭治郎1人では絶対に勝てない。愈史郎は死んでしまった珠世に、炭治郎を守ってくれと頼みます。

場面は戦っている炭治郎に変わります。

炭治郎はただひたすらに技を繋げるのではなく、無惨の心臓と脳を狙う必要があることと、透き通る世界に入る必要があることを意識します。

しかし炭治郎も限界がきました。酸欠で目が見えなくなってきたのです。足取りもおぼつかなくなり無惨の攻撃を避けきれません。

そんな炭治郎を誰かが助けてくれました。匂いを感じる炭治郎は徐々に視覚を取り戻し、助けてくれたのが小芭内であることを知ります。

小芭内は顔に傷を負い、両目が潰されていました。

炭治郎は小芭内の援護をすると申し出ますが、元々右目が弱視の小芭内は連れている蛇、鏑丸がついているからと炭治郎の申し出を断りました。

炭治郎が少し回復したため、小芭内は炭治郎を離します。その時すぐ後ろには無惨がきていました。

無惨の攻撃で大きく建物がえぐられるも、小芭内は鏑丸のお陰でちゃんと攻撃を避けることが出来ています。

無惨は老化の影響で小芭内や炭治郎を殺せないことにイライラし始めていました。

一方でそんな無惨を前にしてもまだギリギリの戦いをしている炭治郎。透き通る世界に入ることができません。

現状を打破しなければ、と考える炭治郎。その時、無惨の体に無数の古傷が現れます。

炭治郎はこれが縁壱の着けた傷であり、無惨の脆いところであることに気づきました。縁壱が鬼殺隊を導いてくれているのです。

鬼滅の刃【194話】感想

行冥はもう戻って来ることは難しいことが分かりました。残念です。茶々丸が鬼化していたことも分かり、バラバラになった体がくっつくのかわかりませんが、もう誰でも良いから1人でも多く生き延びてほしいです。

行冥が無理なことがわかって、炭治郎のために珠世に祈りを捧げる愈史郎のシーンがとても印象的でした。

初めて会ったときからは想像できないほど、炭治郎のことを認めてくれたのだなと心が熱くなりました。珠世や他の死んでしまった仲間たちが炭治郎を守ってくれますように。

鬼滅の刃【195話】考察予想

無惨の体に現れた傷。傷が現れた時、無惨は傷を見て驚いているような表情をしたように見えましたが、これは実際に現れたものなのでしょうか?

透き通る世界を見ようとしていた炭治郎にだけ見えているものなのかが気になります。今回の話で柱である小芭内が立ち上がって来てくれました。

現在、伊之助たちにも血清が打たれているので少し回復して来たら戻ってきてくれるかもしれません。完全に倒れていないカナヲが一番に戻ってきてくれると思っています。

➡鬼滅の刃【195話】へ

まとめ

2020年2月17日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【194話】「灼熱の傷」のネタバレ&195話の考察予想についてまとめました。

鬼滅の刃 23巻 無料 漫画2020年12月4日に鬼滅の刃【23巻】が発売されました。23巻の内容と無料で読む詳しい内容はこちら無料トライアル