鬼滅の刃

鬼滅の刃【183話】ネタバレあらすじ確定&感想|鬩ぎ合い

こんにちは。2019年11月18日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【第183話】「鬩ぎ合い」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

182話では、無惨を前にしていた炭治郎たちは蜜璃と小芭内が死んだと無惨から知らされました。

しかし、死んだと思われた2人は突然現れて炭治郎たちを助けてくれます。何が起こったのか分からない無惨ですが、愈史郎の力で無惨を欺いていたのです。

➡「鬼滅の刃」の最新刊を無料で試し読む

鬼滅の刃【183話】最新話ネタバレあらすじ

激しく移動を繰り返し、蜜璃は移動圧に押し潰されそうになっていますが、それでも何とかして無惨に攻撃しなくてはいけないと踏ん張ります。

しかし、無惨を直視すると、その恐怖に襲われます。

今まで見たどの鬼よりも怖い!!

蜜璃は愈史郎の作戦をおじゃんにしてしまったことを心の中で愈史郎に謝ります。

突然現れた愈史郎は鬼だけど味方だと言い蜜璃に協力して欲しいと言ってきました。

そんな愈史郎はが立てた作戦は鳴女の視覚を奪ってから無惨の支配を外して頭を乗っ取り、無惨に柱を死んだと思わせて戦力を集結させることでした。

しかし義勇たちが危険に晒されていたので蜜璃たちは飛び出してしまったのです。

愈史郎の存在に気付いた無惨は怒りを爆発させて愈史郎を殺そうとします。

外れかけていた鳴女への支配が強い力によって戻され、愈史郎の細胞までも吸収されそうになります。

愈史郎は力んで何とか無惨の力に対抗します。

愈史郎を殺そうとする無惨に、小芭内と義勇が攻撃を仕掛けて邪魔をします。

無惨は2人の攻撃を防ぐも愈史郎に集中できません。

愈史郎は柱が時間を稼いでくれている間に、再び鳴女から無惨の支配を解こうとします。

すると無惨は手を強く握り、鳴女の頭を潰しました。

このままでは城が崩壊してしまいます。

愈史郎は細胞が死滅してしまう前に急いで隊員ち無惨を外に出さなければと焦ります。

移動を繰り返すも、まだ城の外には出られません。

仲間の死体がたくさんある場所に出てくると、油断した炭治郎は無惨からの攻撃を受けてしまいます。

城が激しく軋み、上昇し始めました。

そちらに気を取られていると、蜜璃にも無惨の攻撃が迫ります。炭治郎が蜜璃を助けるために無惨に向かって死んだ仲間の刀を投げつけます。

同時に、小芭内が蜜璃を庇いました。無惨の頭には刀が突き刺さります。

そして遂に城は地上へと飛び出していきました。

蜜璃と炭治郎が城から投げ出されます。

鬼滅の刃【183話】の感想

終始スピード感のある展開に興奮が収まりません。特に愈史郎と無惨の鬩ぎ合いのシーンが見どころでした。タイトルになっているだけありますね。

愈史郎は全ての力を使って皆を外に出せるように頑張りました。それが逆に愈史郎が死んでいるのではないかと思わせる結果となりました。愈史郎には生きていて欲しいです。

そして珠世が成し遂げられなかった、鬼を人間に戻す方法を見つけて欲しいです。今回は蜜璃のギャグ顔シーンが多くて真剣な戦いとのギャップが面白かったです。

鬼滅の刃【184話】を考察予想

次回はまず誰が城の外に出てきているのかが気になります。今回の話の最後では蜜璃と炭治郎のみ出てきていることが分かりました。

しかも蜜璃は小芭蕉のヘビを持ってるように見えます。もしかしたらタイミングが悪く、小芭蕉は押しつぶされてしまったのかもしれません。

地上での戦いの前に、人数が減ってしまうのだけは防いでほしいです。さらに行冥と実弥も気になります。2人はかなりダメージを受けていることもあり、今どこにいるのでしょう。押しつぶされていないことを願います。

➡鬼滅の刃【184話】へ

まとめ

鬼滅の刃【第183話】「鬩ぎ合い」のネタバレと感想&184話の考察予想についてまとめました。

➡「鬼滅の刃」の最新刊を無料で試し読む

鬼滅の刃 23巻 無料 漫画2020年12月4日に鬼滅の刃【23巻】が発売されました。23巻の内容と無料で読む詳しい内容はこちら無料トライアル