鬼滅の刃

鬼滅の刃【202話】ネタバレ考察!鬼化した炭治郎を禰豆子が?!

こんにちは。2020年4月13日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【202話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(202話の確定記事はこちら

201話では、無惨はもうこれ以上生き延びることを不可能と悟って鬼狩りを滅ぼすという自らの願いを炭治郎に託すことにしました。体は死んでいた炭治郎ですがまだ生きている細胞があったがために、無惨の血を注がれて鬼として蘇ってしまいます。

禰豆子と同じ血が流れていることもあり太陽を克服した鬼となった炭治郎は仲間のことも忘れて襲い始めました。

➡「鬼滅の刃」のアニメや最新版を無料で読む

鬼滅の刃【202話】ネタバレ「炭治郎のせいで誰か死ぬ!?] 

無惨を殺して禰豆子を人間に戻すという強い気持ちで戦ってきた炭治郎。

人を殺してしまう鬼を憎んでいた炭治郎ですが今の炭治郎には自我がないため、都合よく人間を殺さないなんてことはないでしょう。

現に、義勇が助けていなければ隠が殺されていました。鬼狩りを殺せという無惨の強い意志が受け継がれており、今の炭治郎の回りにいるのは皆その鬼狩りです。

今の炭治郎は腹も減っているように見えるので一刻も早く人を殺して食べたいはずです。遅かれ早かれ1人以上は殺してしまう結果になるでしょう。

鬼滅の刃【202話】ネタバレ「炭治郎を斬れない伊之助は助かるのか!?」

義勇を守ったがために炭治郎の攻撃を受けることになった伊之助は炭治郎を殺さなければいけないと分かっても刀を振ることが出来ません。

それは炭治郎が自分の意思で鬼になったのではないことも関係しています。しかし斬れなければ伊之助が死んでしまいます。

どうする、となった時に伊之助を助けるのは善逸です。その善逸も炭治郎を斬ることは出来ないでしょう。

なんとか伊之助を助けたら後は必死に炭治郎に訴えかけますが、それも届かない無情が待っていると思われます。

鬼滅の刃【202話】ネタバレ「禰豆子の声は届く?」

炭治郎がずっと願っていた禰豆子を人間に戻すということですが、その願いは既に叶っています。禰豆子は人間に戻った状態で炭治郎の前に帰ってきたのです。

本来の炭治郎であればこの事を泣いて喜んでくれたはずです。しかし今の炭治郎にはそれが分かりません。

善逸などに守られながら必死に兄に呼び掛けても、おそらく禰豆子の声は炭治郎の心には届きません。

炭治郎がもしも言葉を話せる状態であれば、「殺す」という言葉が何度も出てくるでしょう。それほどに多すぎる無惨の血は強いものです。

まとめ

2020年4月13日発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【202話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

鬼滅の刃 23巻 無料 漫画2020年12月4日に鬼滅の刃【23巻】が発売されました。23巻の内容と無料で読む詳しい内容はこちら無料トライアル