鬼滅の刃

鬼滅の刃【178話】最新話ネタバレ感想!手を伸ばしても手を伸ばしても|179話を考察

こんにちは。2019年10月12日(土)発売の週刊少年ジャンプより、鬼滅の刃【第178話】「手を伸ばしても手を伸ばしても」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

177話では、双子として生まれ、跡継ぎの対象ではない弟縁壱は黒死牟と比べてとてもぞんざいな扱いを受けてきました。

しかし、そんな縁壱には生まれながらにして侍としてのとてつもない才能があることが分かります。跡継ぎの座が縁壱に移る、そうなりそうなときに縁壱は予定を早めて家を出ていってしまいます。

➡「鬼滅の刃」のアニメ動画と最新刊を無料で読みたい方はこちら

鬼滅の刃【178話】最新話ネタバレあらすじ

黒死牟の父は、出ていった縁壱を連れ戻すために寺に使いを送りましたが、縁壱は寺には来ていませんでした。

縁壱が消息を絶った以上、黒死牟は無事に家の跡継ぎとなりました。

縁壱がいなくなり、黒死牟の日々は平穏に過ぎていき、妻子も出来ました。

十年余り、平和でどこか退屈な毎日を送っていた黒死牟でしたが、そんな日々も終わりを告げます。

野営していたところ、黒死牟は鬼に襲われてしまい配下たちは死に、黒死牟だけとなってしまったのです。

絶体絶命、まさにその時縁壱が黒死牟の前に現れて黒死牟に迫る鬼を一太刀に倒してしまったのです。

幼い頃とは比べ物にならないほどの剣の技術を持って現れた縁壱に、黒死牟の中で消えていたはずの嫉妬の炎が燃え上がりました。

縁壱は力だけなく、非の打ちどころのない人格者となっていて、黒死牟はそんな縁壱の力を自分のものにしたくて家も妻子も捨てて、縁壱と同じ鬼狩りとなる道を選びました。

縁壱は自分の技術を惜しみなく人に教えましたが、誰も縁壱と同じことはできませんでした。

そのため、縁壱はその都度違った呼吸方を教えて、様々な呼吸が出来ていき、痣者も増えていきました。

黒死牟にも縁壱と同じように痣が発現しましたが、黒死牟も日の呼吸は使えず、自身で名付けた月の呼吸を使えるようになりました。

努力すれば自分も縁壱の様になれると信じる黒死牟でしたが、痣者がどんどん死に始めたため、自分には縁壱に追いつくだけの時間が無いことを知ります。

痣は寿命の前借りだったのです。

諦めかけたその時、黒死牟の前に無惨が現れます。技を極めたい黒死牟と、呼吸を使える鬼を作りたい無惨。

2人の利害は一致し、黒死牟は鬼となりました。

欲しいものは手に入れた、鬼になりそう思った黒死牟の前に年を老いた縁壱が現れました。黒死牟を斬った後、寿命が尽きて勝ち逃げした縁壱が憎くてしょうがなかった黒死牟は縁壱の死体をぶった切ります。

その時、縁壱の懐から幼き頃に黒死牟があげた笛が出てきました。大切にすると言っていた笛を見て黒死牟に目からは涙がこぼれ落ちます。

ずっと憎にハズなのに、何百年も生きてきた中で一番鮮やかに覚えているのは一番忘れたい縁壱の顔です。

何を捨てても縁壱にはたどり着けなかった。

どうして自分は何も残せず何もできないのか、自分は何のために生まれてきたのか、その答えを亡き縁壱に求めながら崩れ去っていく黒死牟。

体が崩れて残った黒死牟の着物の中からは縁壱に上げた笛が出てきました。

鬼滅の刃【178話】の感想

前回に引き続き黒死牟の視点で物語が進んでいきました。縁一は出家したと思いきや寺には行っていなかったということで初めから目的地を決めていたのでしょうか。

それとも当てもなく歩いていたら鬼狩りとして拾われたのか。そこまでは明らかにならないようです。縁一についての話はここで終わりとなるのでしょう。

もしかしたら炭次郎の所でまたかたられる時が来るのかもしれませんね。黒死牟を誘ったのも無惨。嫉妬心に駆られていなければ黒死牟は縁壱と一緒に鬼狩りをしていたと想像するととても悲しいです。

鬼滅の刃【179話】を考察予想

ようやく、完全に黒死牟との戦いが終了しました。黒死牟は跡形もなく消えてしまったので戦いはこれで終わりでしょう。さあ、痣を出現させた行冥、実弥は無事なのでしょうか。

体力も限界、最悪の場合ここで全員力尽きて死んでしまうということも考えられます。確実に時透と玄弥はもう無理なので、行冥と実弥には生きていて欲しいのですが難しいのでしょうか。

2人が生きていて無惨を倒すための力になってくれることに期待しています。

➡鬼滅の刃【179話】へ

まとめ

鬼滅の刃【第178話】「手を伸ばしても手を伸ばしても」のネタバレと感想&179話の考察予想についてまとめました。

➡「鬼滅の刃」のアニメ動画と最新刊を無料で読みたい方はこちら