鬼滅の刃

鬼滅の刃【153話】最新話ネタバレあらすじ感想|154話を考察!

こんにちは。2019年4月8日発売の週刊少年ジャンプより「鬼滅の刃」第153話を読みましたのでご紹介します。

152話はこちらからお願いします↓

漫画ネタバレ最新話
鬼滅の刃【152話】最新話ネタバレあらすじ感想|153話を考察!こんんちは。2019年4月1日発売の「週刊少年ジャンプ」に掲載されている「鬼滅の刃」第152話を読みましたのでご紹介します。 151話...

アカザと炭治朗・富岡の激闘の果て、炭治朗が闘気を消して、アカザの首を「ヒノカミ神楽・斜陽転身」で攻撃。アカザの首を見事切り落とし、アカザが首を切られたことに動揺して「馬鹿な」と言っている大ゴマのシーンでした。それでは153話のネタバレです。

➡「鬼滅の刃」を1冊無料で読む(1巻は期間限定お試し中・4/11情報)

鬼滅の刃【153話】最新話ネタバレあらすじは?

首を切断されたアカザは動揺しつつも、闘気のない人間などおらず赤ん坊にすら僅かに闘気はあるのでそのせいで混乱した、また闘気を出さず闘うというのは自分も目指していたが今だ至れない「至高の領域」だと分析

そしてすかさず切断された首を手で掴み無理やりくっつけようとするが、背後から富岡に刀を投げられて妨害され、こんなところで終われないと後悔しながら首が崩れて消えていく

その様子を見て炭治朗が安堵するのも束の間、残されたアカザの体崩壊せず首の断面が閉じ始め、単独で動き初めて炭治朗に襲い掛かる

炭治朗は一撃目の手刀は避けたものの二撃目の蹴りは避けられず壁に叩き付けられ、アカザも無惨と同じように首が弱点でなくなろうとしていると考えるが、それまでの戦闘の疲労もあり限界だった炭治朗は気絶してしまう。

更に気絶している炭治朗にアカザは襲い掛かろうとするが、富岡が「水の呼吸肆の型・打ち潮」でアカザを攻撃して妨害。

炭治朗を殺したければまず俺を倒せとアカザに立ちはだかる。その様子を見たアカザは目障りだと富岡を襲おうとするが、その前に過去の記憶らしきものを思い出し、女性に「狛治さんもうやめて」と言われるシーンで終わる。

鬼滅の刃【153話】を読んだ感想

前話でついにアカザを倒したと思いましたが、まさかの首が切断されて崩れても残った体だけで闘い続けるという展開だったためとても驚きました。

今までに兄妹の鬼で首を同時に切断しないと死なないというようなパターンはありましたが、アカザのものは全くの新パターンです。

日輪刀で首を切断されれば死ぬというのが鬼滅の刃における通常の鬼の特徴であるため、気絶する前に炭治朗が考察したように、首を切断されても死ななくなるというのは無惨のように変異しかけていることの表れであり、ひいては他の鬼にもこの変異が出る可能性があると思いました。

鬼滅の刃【154話】を考察

首なしで行動して攻撃し考えることもできるという脅威の能力を見せ付けたアカザですが、最後に鬼になる前の記憶らしきものを思い出していたため、次回はバトルではなくアカザの過去について主に語られる展開になると思われます。

おそらくはその過去の記憶を思い出したことで自分の行動を悔い改めて自害するか、もしくは過去の記憶を思い出して動きが鈍っているところを富岡に止めを刺されるかのどちらかの展開になるのではないかと予想します。

まとめ

「鬼滅の刃」第153話のネタバレと感想&154話の考察予想についてまとめました。

17巻を無料で少し読めます↓↓

ebookjapanでは、現在期間限定「鬼滅の刃」の最新刊17巻を無料で試し読み増量中です。公式サイト

無料で読む