彼女、お借りします

彼女、お借りします【151話】最新話ネタバレ感想|嘘と彼女④

こんにちは。2020年8月5日発売の週刊少年マガジンより、彼女、お借りします【150話】「嘘と彼女④」を読みました。

150話では、病室で映画を流した和也。ちづると小百合おばあちゃんは、映画を観始めます。ただ・・・おばあちゃんが目を開けていたのは最初の10分だけ・・・。

意識がないおばあちゃんを見つめ、ちづるは泣き始めました。真実を告げるべきなのか・・・。悩むちづるの頬に触れたのは・・・おばあちゃんの手!?

それでは、この記事では、彼女、お借りします【150話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

彼女、お借りします【151話】最新話ネタバレあらすじ

小百合おばあちゃんの意識があると知り、ナースコールに手を伸ばすちづる。

しかし、おばあちゃんがそれを止めます。

力ない声で話すおばあちゃんが心配しているのは・・・泣いているちづるのこと・・・。

ちづるは何かに悩んでいると、気が付いていたのです。

病気で苦しいはずなのに、自分の心配をしてくれる・・・。

おばあちゃんの優しさに、ちづるは泣きそうになっていました。

そんなおばあちゃんに嘘をついているちづるは、自分を攻めます。今まで嘘をついていた・・・。

ちづるはそう話しました。

真実を打ち明けようとした瞬間・・・浮かんだのはおばあちゃんの顔・・・。和也の話を嬉しそうにする、おばあちゃんの顔です。

言えない・・・。

ちづるはそう考え直し、黙ってしまいました。

そこで、口を開いたのはおばあちゃん。

ちづるの嘘について、知りたいとも思うし、知りたくいないとも思うと話したのです。可愛い孫の選んだ答えなら、どちらでもいい。

一生懸命に生きていたちづるを知っているおばあちゃんは、ちづるの全てを肯定してくれるのでした。

さらに・・・素敵な映画を観せてくれたと、お礼を話したのです。そっとちづるを抱き締め・・・。愛している・・・。

小百合おばあちゃんは笑顔で話します。

胸の中で涙を流すちづるは・・・私も、大好き・・・。

そう返しました。病室に朝日が差し込み、夜が明けます。

街には、道を歩く人の姿。和也は病室の前に座り、何かを考えていました。

➡「週刊少年マガジン」を『試し読み』からチェック

彼女、お借りします【151話】感想

まず、小百合おばあちゃんの意識があったこと。映画を観られたことが良かったです。

このまま意識が戻らない可能性もあると話していた医師。

映画の完成間近に、ちづるの夢は叶わなくなるところでした。

ちづるは嘘をつき続けていたことに罪悪感を感じているようですが、その事さえも小百合おばあちゃんは受け入れてくれます。

今までもそうですが、今回もおばあちゃんに救われましたね。気になるのは、和也の表情。

夜が明けた後に、小百合おばあちゃんの容体がどうなっているかです。

彼女、お借りします【152話】考察予想

次回、小百合おばあちゃんの生死が判明すると思います。医師は今夜が山だと伝えており、何があってもおかしくない状態。

ちづると小百合おばあちゃんが抱き合っている瞬間に夜が明けましたが、最後のシーンはさらに時間が経過しているように感じます。

最後の気力を振り絞り、ちづるに声をかけた可能性がありますね。病室の前で待つ和也の表情は暗いため、嫌な予感が・・・。

小百合おばあちゃんは、このまま亡くなってしまうのでしょうか!?

➡彼女、お借りします【152話】へ

まとめ

2020年8月5日発売の週刊少年マガジンより、彼女、お借りします【151話】「嘘と彼女④」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡「彼女、お借りします」のアニメや最新刊を無料で読む