彼女、お借りします

彼女、お借りします【152話】最新話ネタバレ感想|嘘と彼女⑤理想の彼女!

こんにちは。2020年8月19日発売の週刊少年マガジンより、彼女、お借りします【152話】「嘘と彼女⑤」を読みました。

151話では、病室で、群青の星座を見るちづると小百合おばあちゃん。ちづるは、真実を告げるか迷っています。

そんなちづるの心を察知したおばあちゃんは優しい言葉をかけ・・・ちづるの心を溶かしていきました。そして・・・夜が明けます・・・。

それでは、この記事では、彼女、お借りします【152話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

彼女、お借りします【152話】最新話ネタバレあらすじ

翌日、公園でみにと会っている和也。

和也の話を聞いたみには・・・号泣しています。

あまりの号泣ぶりは、和也が引くほど・・・。

落ち着いたみには、ちづるがどうしているかを尋ねます。

和也の答えは・・・お通夜の準備をしている・・・。

唯一の親族を亡くしたちづるの、傍にいてあげるべきだと話すみに。

しかし和也は、ちづるは強く逞しいから、大丈夫だと返します。

彼女は、1人で生きていける女性・・・。

そう話す和也の言葉を聞き、みには反論しました。

1人で生きていける女性など・・・・いない!!

アパートに帰った和也は、みにに言われた言葉を思い出しています。

それと同時に、病院での出来事を思い出す和也。

夜が明け、病室の前で待ち続ける和也の前に・・・ちづるが現れました。

声をかけ、小百合おばあちゃんの容態を尋ねる和也。

問われたちづるは・・・黙ってしまいます。

それで、和也は全てを察しました。

何も言葉をかけられなくなる和也に、話しかけたのはちづる。

一晩中病室の前にいた和也を労い、帰って休むように話したのです。

その後、お通夜の準備があると去って行くちづるに・・・和也は、声をかけました。ちづるのことを心配し、できることがあれば何でもすると話したのです。

和也の言葉を聞いて、しばらく黙り込んだちづるは・・・。

振り返り、笑顔で平気だと話すのでした。

去って行くちづるの背中を見つめながら、和也はあることを感じます。

いつも通り、可憐で綺麗な後ろ姿・・・。そこには昨日見せた、焦りや悲しみは全くないのです。

こんな状況にもかかわらず・・・。

ちづるは・・・〝水原千鶴〟という、〝理想の彼女〟を演じ続けていると、和也は思うのでした。

➡「週刊少年マガジン」を『試し読み』からチェックする

彼女、お借りします【152話】感想

小百合おばあちゃんが・・・亡くなってしまいました。

神様はイジワル・・・。

作中でちづるが言っていましたが、我々からすると作者がイジワルです!!

せっかくなら、元気な小百合おばあちゃんに映画を見せてあげたかったですね。ただ、ちづるはおばあちゃんとの最後のやり取りで、後悔がなくなったのかもしれません。

もちろん、最愛の祖母の死は苦しいことには変わりないでしょう。

それでも幸せそうにこの世を去った祖母を見て、自分も前を向こうと考えたのかもしれませんね!!

彼女、お借りします【153話】考察予想

次回、どのような展開となるのか気になります。お通夜を終えたちづるの感情・・・。

そして、映画の上映会・・・。ちづるは、辛さを押し殺して演じているのでしょうか!?

それとも、後悔なく祖母を見送れたのでしょうか!?やはり、最も気になるのはちづるの感情です。

また、2人の関係は小百合おばあちゃんがいたからこそのものでした。

つまり、恋人だと嘘をつく必要がなくなったのです。和也とちづる・・・。2人がこの後どうなっていくのかも、見ものです!!

彼女、お借りします【153話】へ

まとめ

2020年8月19日発売の週刊少年マガジンより、彼女、お借りします【152話】「嘘と彼女⑤」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。

➡「彼女、お借りします」のアニメや最新刊を無料で読む