カッコウの許嫁

カッコウの許嫁【43話】最新話ネタバレ感想!血のつながった兄が!

こんにちは。2020年12月2日発売の週刊少年マガジンより、カッコウの許嫁【43話】「だからね あの日・・・」を読みました。

42話では、エリカたちと合宿に行ったものの妹の幸が心配で家に戻ってきた凪。そんな凪を、エリカはバカにすることなく大切な人がいるのはいいことだと笑いかけるのでした。

エリカの態度が気になった凪はついにエリカの秘密について踏み込むのでした。

それでは、この記事では、カッコウの許嫁【43話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

カッコウの許嫁【43話】最新話ネタバレあらすじ

エリカは自分のスマホに写っていた写真を凪に見せます。

そこにはエリカの両親と、幼いエリカ、そして凪の姿が映っていました。

なぜ自分がいるのか、と驚く凪。昔エリカに出会ったいたのかと運命を感じた凪の頭の中には、幼い日のエリカとまた会おうと約束する凪の姿が浮かんでいました。

そんな凪の妄想を、そんなわけない、と一刀両断したエリカは写真に写っているのは自分の兄だと打ち明けるのでした。

凪の血のつながった兄だ、と意を決して言ったエリカでしたが凪の反応はだから何、という冷たいものでした。

自分の兄妹は幸だけだという凪の余裕に驚くエリカ。

凪と初めて会った時、お兄ちゃんが来たのかと思ったと少し寂しそうにエリカは続けます。

エリカがインスタをがんばっているのも兄に見つけてもらうためだったのです。

凪はそれを聞いて、どうする、とエリカに問いかけます。このまま待っていてもしょうがないなら探すべきだと凪はエリカに提案するのでした。

エリカは驚いた後、大笑いして凪にお礼を言います。凪くんならそう言ってくれると思ってた、と微笑むエリカは絶対に見つけよ、と前向きな言葉を続けるのでした。

一人で料理をしながら凪はモヤモヤした自分の気持ちを整理します。

エリカと出会った時に自分にだけ慣れ慣れしかったのは許嫁だからではなく、兄の代用品だったからなんじゃないかという考えに至った凪。

腹が立ってきた、と燃えるとエリカの父親を訪ねる決意をするのでした。

エリカの父親は笑いながら出迎えて、私のただひとりの息子よ、という言葉を凪にかけるのでした。

カッコウの許嫁【43話】感想

まさか凪に血のつながった兄がいたとは驚きました。そんな兄がいなかったことになっているというのもとても意味深ですよね。

エリカの父親は前々から腹に一物あるような感じでしたし、まだ何かたくらんでいることがあるかもしれません。

自分の兄妹は幸だけだと宣言する凪もかっこよかったです。衝撃の事実にも揺らぐことない凪の強さが今回の見どころでもあったと思います。

エリカが凪に惹かれているのは兄に似ているからではなく、こういう凪の性格が好きなんだと気づいてほしいですね。

カッコウの許嫁【44話】考察予想

エリカの父親で、自分の実の父親と対峙することを決意した凪。出迎えた父親も、この流れを呼んでいたかのようなおおらかな態度でした。

唯一の息子、という言葉も気になりますね。なぜ兄がいないことになっているのか、気になる真相が次回明かされるのではないでしょうか。

イマイチ何を考えているかわからない父親の本心も垣間見えることを期待したいです。出来損ないの兄をいないものとして、とかいう流れだったらちょっと切ないですね。

カッコウの許嫁【44話】へ

まとめ

この記事では、カッコウの許嫁【43話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!