賭博堕天録カイジ

賭博堕天録カイジ【371話】最新話ネタバレ感想|カバンを防御!中身は…

こんにちは。ひらりです。2020年11月30日発売のヤングマガジンより、賭博堕天録カイジ【371話】「奇襲」を読みました。

370話では、石高が鍵を持って外出したことにより、なす術がなくなったカイジたち。しかし、カイジは思考を止めません。あらゆる可能性を考え・・・何かを買いに消えました。

その後、返ってきた石高の行動はカイジの読み通り!!チャンは車の鍵を預かって隠し、その隙にカイジは車内で作業を始めます。

それでは、この記事では、賭博堕天録カイジ【371話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

賭博堕天録カイジ【371話】最新話ネタバレあらすじ

作業が終わり、飲み会に合流したカイジ。

3日連続で飲み会をする仲になった偶然を、石高は嬉しそうに語っています。

そんな会話をしながら、カイジはチャンに鍵を渡しました。

カイジは車内にあるカバンを、防御してきたと言うのです。

嬉しそうに眼を合わせ、安心するマリオとチャン。

そんなカイジを見て、木崎はあることを尋ねました。

マリオとチャンを置いて、どこかに行っていたカイジ。

その行き先を、木崎は尋ねたのです。

かなり長い時間姿を消していたカイジに、疑問をぶつける木崎。

しかし、そこ石高が割って入りました。

長時間1人で姿を消すということは・・・風俗に行っていた!!

石高は、無粋な質問をするなと怒ったのです。

さらに、時間から考えて2軒をはしごした可能性が高いと話す石高。

カバンのことから意識を逸らしたいカイジは、全て石高の言う通りだと話すのでした。

そんな下ネタを交えながらも、長々と続く飲み会・・・。

気がついた頃には、半数が寝てしまっています。

そろそろお開きかと、眠っている父親に目をやる石高。

2階にある寝室に運ぼうとしますが・・・無理だと話し、その役目をチャンに任せました。

1番まともなチャンに父親を任せ、木崎と2人きりになった石高。

既に、マリオとカイジは眠りについています。

そのタイミングを待っていたかのように、立ち上がった石高と木崎は・・・ある行動に出ました。

ずっとこの時を待っていたと、合いかぎを手にした石高。

カイジが必死に隠した、カバンの中身を見ようとしているのです。

カバンの中身が、エログッズだと思っている石高は・・・これはカイジの為だと言い聞かせました。

かつて、性癖を笑われてトラウマを持った少年時代のカイジ・・・。

自分が共感することで、そのトラウマを無くしてあげたい・・・!!

石高は自分を正当化し、車のドアを開けました!!

賭博堕天録カイジ【371話】感想

カイジの予想通り、飲み会に参加させられる3人。さらに、3人を潰してカバンを見ようとする行動までカイジは読んでいましたね!!

その可能性を考え、カバンを防御したのです。石高のうまさは、1番お酒の強いチャンに父親の面倒を見させる行動。

これは、意外に策士だと思いました。しかし、修羅場をくぐってきたカイジはその数段上。

全ての行動を読んだ上で、策を練っていたのです!気になるのは、どうやってカバンをガードしたかです。

賭博堕天録カイジ【372話】考察予想

カバンの中身を見てやろうと、車内に入る石高。ただ、カイジの防御によってその思惑は外れることとなります。

気になるのは防御の方法。単純に、金庫を買っていることはないでしょう。

帰ってきたカイジの荷物を見ると、そこまで大きなモノではないと思います。そう考えると、何かを組み立てた可能性が高いですね!

モームセンターに行ったのは分かっているので、AVを買いそろえた可能性もないと考えます。

カイジの策は、自作の何かだと思います。

賭博堕天録カイジ【372話】へ

まとめ

この記事では、賭博堕天録カイジ【371話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「賭博堕天録カイジ」を1冊無料で読む