賭博堕天録カイジ

賭博堕天録カイジ【365話】最新話ネタバレ感想|チャンス到来!「望外」

こんにちは。2020年10月5日発売のヤングマガジンより、賭博堕天録カイジ【365話】「望外」を読みました。

364話では、猪熊の追跡を逃れ、別荘の住人にガソリンまで入れてもらったカイジたち。今回の失敗を教訓にし、次の策を考えます。

しかし・・・手詰まり状態。そんな時、カイジにはある不安が芽生えていました。今回助けられた石高が、うっかり口を滑らせていないか・・・。

そこで、石高に会って確認することになります。

それでは、この記事では、賭博堕天録カイジ【365話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

賭博堕天録カイジ【365話】最新話ネタバレあらすじ

カイジたちが向かったのは石高宅。

そこには、石高と木崎、カイジ、マリオ、チャンの5人がいます。

ビールを手に、乾杯する5人。

石高はビールを一気に飲み干し、満足そうな表情を浮かべました。

それに続くのはカイジ。

同じくビールを飲み干し、ドンペリの悪口を叫びます。

なぜなら、高級な酒ではなくビールが1番上手いと考えているから・・・。

それに同調する石高は、手の届かないお酒ではなく、実体のある酒が本物だと語りました。

しかし・・・女性はシャンパンが好き・・・。

キャバクラお女性を思い出し、石高が文句を漏らします。

それに笑い声を上げるカイジたち。

場は盛り上がり、5人は再び乾杯をしました。

楽しい場に盛り上がる石高は、ここで本音を話します。

電話番号を交換したものの、もう会わないと考えていた石高。

それは、カイジも同じでした。

しかし、実際には2日連続で呑んでいる・・・。

世の中どうなるか分からないという意見で、カイジと石高はまたしても共感します。

楽しい会話が進む中、本題に入るカイジ。

今日、石高を訪ねた理由を話しました。

それは、石高が口を滑らせていないか確認するため・・・。

もちろん話していないと返す石高ですが、そこからテンションが下がります。

口が軽いと思われていたことに、ショックを受ける石高。

そのタイミングを見計らって木崎が石高に何かを耳打ちしました。

実は、木崎と石高もカイジたちに話したいことがあったのです。

話をする前に、外に行こうと席を立つ石高。

不思議そうにカイジたちがついて行くと、石高は駐車場に向かいました。

2台の車を見比べ、石高は本題に入ります。

実は、週末にスナックで知り合った女性とキャンプに行くと話す石高。

そこで、キャンピングカーを持っていると話してしまったのです。

ただ、石高のキャンピングカーは乗用車を改造した物・・・。

女性は、カイジたちが乗っている本物のキャンピングカーを想像している・・・。

そこで、週末だけ車を借りたいと頼み込む石高。

これは、カイジたちにとって思ってもいない話でした。

今、帝愛はキャンピングカーに狙いを定めています。

石高の持っている乗用車は、内装の装備は完璧なキャンピングカー。

しかし、外から見れば普通の乗用車。

これで、帝愛の目を欺ける準備が整いました。

カイジは喜び、当分の間車を交換しようと話します!

「賭博堕天録カイジ」の漫画を1冊無料で読む

賭博堕天録カイジ【365話】感想

カイジたちに訪れたのは、ピンチの後の幸運。ここにきて、一気に追い風が吹いていますね!

キャンピングカーで逃げることに、恐怖を感じていたカイジたち。それは、既に帝愛がキャンピングカーを追っているからでした。

債務者が多い帝愛は指名手配を出しており、その包囲網は全国に広がっています。

車を乗り変えるのにも、公共交通機関を使うにも、宿泊施設を使うにもリスクがある・・・。

手詰まりの状態から、一気にチャンスが広がりました!

賭博堕天録カイジ【366話】考察予想

カイジたちにとっての救世主、石高&木崎!!全ての問題を解決する提案を、2人は持っていてくれました。

今までと変わらない快適な生活を継続しつつ、帝愛の目を逃れられる車。

それがまさに、乗用車をキャンピングカー仕様に改造した車です。

ただ、そんな車が簡単に手に入るはずはありません。

普通に考えれば・・・。

しかし、そのチャンスがいきなり現れたのです!!次回からは、順調な逃亡生活が描かれることになりそうですね!

問題は、石高が猪熊に顔を見られているということ・・・。石高と木崎が、カイジたちの危機を招く可能性はあります・・・。

賭博堕天録カイジ【366話】へ

まとめ

この記事では、賭博堕天録カイジ【365話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「賭博堕天録カイジ」の漫画を1冊無料で読む