賭博堕天録カイジ

賭博堕天録カイジ【361話】最新話ネタバレ感想|「懸念」再び危機到来!

こんにちは。2020年8月24日発売のヤングマガジンより、カイジ【361話】「懸念」を読みました。

360話では、猪熊の追跡から逃げるカイジたち。ある作戦を思いついたカイジは石高に電話し・・・あることをお願いします。その後、カイジたちはキャンプ場に向かいました。

キャンプ場は一周できるようになったおり、カイジたち通過した瞬間・・・石高の車が、猪熊の車の行く手を遮ったのです!!

それでは、この記事では、カイジ【361話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

賭博堕天録カイジ【361話】最新話ネタバレあらすじ

石高のキャンピングカーに行く手を遮られ、立ち往生する猪熊。

悔しがっている間に、カイジたちのキャンピングカーはどんどん逃げていきます。

ハイテンションで車を走らせるカイジたちは県道に出て、ジグザグに逃げようと考えていました。

しかし・・・県道に出る前に、車の勢いが落ちていきます。

その理由は・・・ガス欠・・・!!?

逃げ始めた頃からガソリンマークがついていたキャンピングカーに、遂に限界が近づいてきたのです!!

アクセルを踏んでも、勢いが落ちていく・・・。

さらに、県道までは上り坂が続いているのでした。

止まるかと思われた瞬間・・・加速したキャンピングカー。

なんとか差kを登り切ります。

しかし・・・危機感を募らせるのはチャン。

なぜなら、ガソリンタンクにはほとんどガソリンがないことを確信したからです。

坂道で傾いており、ガソリンの注入口に届いていなかったガソリンが・・・坂を登り切ったことでやっと届いたと、チャンは感じていました。

もはや、いつ止まってもおかしくない状況・・・。

県道に出たカイジたちは、下りになっている右に行くしかないと感じます。

祈るように進むカイジたち。

一方の猪熊は未だに足止めに会っていますが、我に返って逆走を開始!!

それを見た石高は先にキャンプ場を出て、猪熊の行く手を再び遮ります。

ただ、怒りの猪熊を見て、車を止めてしまうのでした。

足止めを突破し、県道に出た猪熊。

猪熊は・・・カイジたちと同じく右に曲がったのです!!

右に曲がったことを、電話でカイジに伝える石高。

話しを聞いたカイジは・・・万事休すと、天を仰ぐのだった・・・。

ヤングマガジンを『試し読み』からチェックする

賭博堕天録カイジ【361話】感想

前回、完全に猪熊を巻いたと感じたカイジたち。石高との出会いが助けとなり、九死に一生を得たと思われましたが・・・。

心配していた自体が起こりました。安心した瞬間の、まさかのガス欠・・・。

さらに猪熊は、カイジたちと同じ方向に進んだのです。左右の2択を正解し、カイジたちは再び危機に陥りました。

これは・・・本当にダメかもしれません。ここまで逃亡生活が描かれていましたが、この後は戦いの生活に戻るのかもしれませんね

賭博堕天録カイジ【362話】考察予想

次回、カイジは新たな策を思いつくのでしょうか!?選択肢としては、キャンピングカーを捨てて逃げるということもあります。

しかし、ここまで来たらお金を持って逃げたいと思うでしょう。

諦めないカイジは・・・新たな策を思いつくと思います。個人的には、今回は逃げ切ってほしいですね!!

キャンピングカー生活では、ここまで危険はありませんでした。1回目の危機で、簡単に捕まるとは思えません。

猪熊の追跡からはなんとか逃げるのではないでしょうか!?

賭博堕天録カイジ【362話】へ

まとめ

2020年8月24日発売のヤングマガジンより、賭博堕天録カイジ【361話】「懸念」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「賭博堕天録カイジ」の最新刊を無料で読む