ヤングマガジン

何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが【11話】ネタバレ感想!

こんにちは。ひらりです。

2021年2月1日発売のヤングマガジンより、『何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?』【11話】「鎧武者の正体」を読みました。

10話では、鎧武者に助けられる信長。しかし、鎧武者は島津との一騎打ちに挑んだのです。その結果、致命傷を負わされる結果に・・・。

ただ、島津にも傷を負わせていました。当主の怪我を心配した家臣たちは、島津を連れてどこかへ消えて行くのでした。

それでは、この記事では、『何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?』【11話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが【11話】ネタバレ

島津軍が去ったことで、怯えるのは元信長の家臣たち。

更なる軍が現れ、自分たちの身に危険が迫ると予想します。

焦る蘭丸を筆頭に、元信長の家臣たちは逃げて行くのでした。

自分の首を差し出そうとした家臣たちが消え、活路を見出した信長。

一刻も早くこの場を離れようと、走り出します。

しかし・・・自分を助けた鎧武者が気になり、足を止めました。

鎧武者を見ると・・・まだ息がある!!

島津の刀が刺さっている胸からは、大きな出血がないのです。

すぐさま刀を抜き、鎧武者を担いで走り出す信長。

近くにあった空き家に隠れ、鎧武者の中身と対峙していました。

信長の目の前には・・・野菜をもの凄い勢いで食べる女!!?

感謝の気持ちを述べて感激しているのは、ガサツな女なのです。

着物を何重にも重ね、くさび帷子の上に鎧・・・。

重装備だったことで、女は浅い傷しか負っていませんでした。

ただ、信長はその女に心当たりがありません。

暫くして・・・女の正体を尋ねる信長、

なぜ自分に、命がけで忠義を誓うのか尋ねました。

その答えは・・・金平糖!!?

意味が分からない信長に、女は自分の名前は遥だと話します。

彼女の正体は・・・7年前信長が金平糖をあげた、次女の遥でした!!

遥のことを思い出した信長。

軍議の後に光秀と話をしている時・・・偶然現れた遥を口止めしようと、信長は金平糖を渡したのです。

初めて金平糖を口にした遥は、もの凄い感動!!

その後も、ことあるごとに信長に金平糖をもらったと話しました。

家臣を何度も殺してしまい、誤魔化してここまで来ていた信長。

そのたびに遥が現れ、悟られないように何度も金平糖を渡していたのです。

金平糖を何度ももらった恩から、信長に忠誠を誓った遥。

叫びすぎて、血を吐き出しました。

浅くても傷を負っている遥ですが、金平糖があれば大丈夫!!

信長からもらった金平糖を、未だに持っているのです。

ただ・・・その袋には血痕が・・・。

それは、信長が殺した家臣の血でした。

遥をなんとか落ち着かせ、この時代の状況を聞く信長。

しかし、頭の悪い遥の説明では意味がありません。

仕方ないと諦め、信長は金平糖を食べ始めます。

遥と金平糖を食べることに、小さな幸せを感じる信長。

ただ・・・周囲には敵兵が迫っており、空き家が燃え始めているのでした。

何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが【11話】感想

鎧武者の正体は、次女の遥。幼く泣き虫だった遥は、ガサツで図太い女に成長していました。

頭が悪いのは欠点ですが、良い性格の持ち主ですね。そんな遥に、信長の心も動かされたような気がします。

何かを与え、良くしてやると人は忠義を貫いてくれる・・・。

今回の一件で、信長にはそのことに気が付いてほしいですね。

光秀はそういう人間だったからこそ、西日本を制することができたはず・・・。

信長も同じく頭が悪いので、気が付くにはもう少し時間がかかるかもしれません。

何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが【12話】考察予想

遥と幸せそうに金平糖を食べる信長。しかし、敵の手が間近まで迫っています。

この結果、信長は再び時をくりかえすことになるでしょう!!

あっさり炎に焼かれ、再びクマの元に戻ると思うのです。

そこで、今回の良かったところと悪かったところを分析する信長。

遥が忠義を尽くしてくれた理由に気が付ければ、上手くいく可能性もあります!

ただ、この信長は光秀への怒りが先行するかもしれません。

光秀に怒りを感じ、やはり殺してしまうのでしょうか!?

『何度、時をくりかえしても…』【12話】へ

まとめ

この記事では、『何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが』【11話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

最新の「ヤングマガジン』を1冊無料で読む