男性向けまんが

ヒットマン【42話】最新話ネタバレ&感想をご紹介!

こんにちは。2019年4月24日発売の週刊少年マガジン21号22号より「ヒットマン」第42話を読みましたのでご紹介します。

41話では、桂木先生の取材を終え、帰ろうとする剣崎に、小鳥遊から落雷で原稿データが消えてしまったという電話が入ります。そのことを聞いた桂木先生の3人のアシスタントは手伝いに行こうとしますが、どこに行く気だと桂木先生に止められてしまいました。

ヒットマン【42話】最新話ネタバレあらすじ

「どこに行く気だって聞いてんだよ」と告げる桂木先生に、反論するアシスタントと剣埼。

「次の予定も聞かずに帰んのかって言ってんだよ!」という桂木先生に、「…え?」と剣埼は驚きます。

講談社の会議室で作業することとなり、小鳥遊の到着を待つ剣埼は「さっきも言ったが絶対翼ちゃんにはオレ達が桂木さんのアシスタントだって言うんじゃねェぞ?」と念押しされます。

到着した小鳥遊は挨拶をして頭をあげると、「ノブさん…」「ヤスさん」「シロさんも!」とアシスタントの名前を口にします。

小鳥遊は「……覚えててくれたんだ…」「約束…」と目に涙を浮かべて微笑みます。小鳥遊の言葉に感動し、涙するアシスタント達。

小鳥遊のアシスタントに入った3人の能力に、小鳥遊は圧倒され、この人達が来てくれて本当によかったと思います。

手伝いのできない剣埼は、敷島とマンガの完成を待ちます。桂木は担当に原稿を渡しながら、原稿が締め切りに間に合うかどうかを考えていました。

小鳥遊とアシスタントは20時間以上休まず作業を続けていました。あと7時間で残り8枚、「このペースなら間に合います!!」と小鳥遊が言います。

スクリーントーンの買いだしを頼まれた剣埼は、やる気に満ちた表情で急いで外に飛び出し、「どこで売ってんだ…?」と固まります。

ノブに桂木先生からの電話が入ります。いいアイディアが浮かんだという桂木先生は、「全員すぐ戻って来い!」と指示を出したのでした。

ヒットマン【42話】を読んだ感想

小鳥遊の手伝いに行くことを承諾した桂木先生に、良かったとホッとしましたが、「全員すぐ戻って来い!」との命令に小鳥遊に対して厳しい対応をみせるんだなと感じました。

小鳥遊がアシスタントの顔と名前を覚えていたことに驚きました。アシスタントは覚えていてもらえてとても嬉しかったのだろうなと感じました。

スクリーントーンの買いだしに外へ飛び出した剣埼が、どこに売ってるか分からないとフリーズするところは剣埼らしくて面白かったです。

ヒットマン【43話】を考察

桂木先生の命令に、アシスタントは苦渋の決断で桂木先生のもとに戻ることになるのだと思います。アシスタントは桂木先生に対して、小鳥遊に対して厳しくないか文句をいうのではないかなと思います。

小鳥遊は桂木先生に嫌われてるのではないかと考えるのではないかなと思います。桂木先生が小鳥遊に対して、漫画を描くことへの厳しさだけではなく、他のことも教えて、桂木先生と小鳥遊が実際に顔を合わせて話をすることを期待したいです。