ヒットマン

ヒットマン【122話】最新話ネタバレ考察|桂木に奇跡を!最後まで書ききる!

こんにちは。ひらりです。

2020年12月23日発売の週刊少年マガジンより、ヒットマン【122話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

121話では、翼が戦いから降りたことで、桂木とジャンヌの一騎討となった順位争い。翼は連載を終え、編集長の北条と食事に行っています。

そんな食事の最中、北条に電話が・・・。それは、桂木の目が見えなくなったとの連絡でした。事情を聞いた翼は、自分がペン入れをすると言い出したのです。

『ヒットマン』の漫画を1冊無料で読む

ヒットマン【122話】最新話ネタバレ「父親の意地!!」

桂木の目が見えなくなり、最終回の掲載が下書きのみになりそうなタッチアップ。

事情を聞いた翼は、そんな形でタッチアップが終わるのは許さないと言うのです。

ペン入れを自分がすると言い出しました。

桂木の娘である翼の言葉を受け、北条は桂木の元に向かわせるでしょう。

しかし、桂木は翼が手伝うことを拒否すると思います。父親の意地を見せ、気合いで視力を回復させる桂木。

本当にこれで目が見えなくなってもいいと、自身の信念を貫くと予想します。

ヒットマン【122話】最新話ネタバレ「共同作業」

①でも予想したとおり、桂木は翼の申し出を断ると思います。

ただ・・最初だけ・・・。翼の熱意や妻の気持ち、そして長年支えてくれたスタッフの声を受けた桂木。

最後には折れて、翼との共同作業を開始すると思います。ここで驚くのは、桂木のスタッフたち。

翼を幼い頃から知っているスタッフたちは、その成長に感動します。

一方の桂木も、まんざらでもない様子。

長年連れ添ったスタッフ以上に、翼と息の合った姿を見せてくれると予想しました。

ヒットマン【122話】最新話ネタバレ「桂木に奇跡!」

桂木のタッチアップのペン入れをすると宣言し、動き出した翼。

しかし、桂木を見た翼は真逆の対応をしてしまうと予想します。

翼にとって桂木は頑固で、マンガのことしか頭にない人間・・・。

そんな父親を見てきたからこそ、翼は最後まで自分で描けと喝を入れるのではないでしょうか!?

翼に取っての母親であり、桂木にとっての妻・・・。

そんな大事な女性を犠牲にしてまで描いたマンガだからこそ、最後まで書き切るべきだと鼓舞する翼。

娘の言葉を受けて、桂木には奇跡を起こしてほしいですね!

まとめ

この記事では、ヒットマン【122話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。(確定はこちら

ここまでご覧くださりありがとうございます!

ヒットマンを1冊無料で読む