ヒットマン

ヒットマン【118話】最新話ネタバレあらすじ感想|命を懸ける

こんにちは。ひらりです。2020年11月18日発売の週刊少年マガジンより、ヒットマン【118話】『命を懸ける』を読みました。

117話では、週マガのアンケートで、1位から5位までを独占した龍之介の担当作家たち。悔しさで怒りを爆発させる桂木は、本気を出してきます。

その結果・・・・次の週のアンケートでは、オルレアンの乙女を抜いて1位に!!桂木のタッチアップを目にした翼は、命を賭けて戦うと話すのでした。

それでは、この記事では、ヒットマン【118話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ヒットマン【118話】最新話ネタバレあらすじ

編集室の話題は、完全に桂木が描いたタッチアップに・・・。

本気を出し始めた桂木は、5週連続で1位をキープしているのです。

さらに、どんどんと2位以降を引き離し始めていました。

そんな中、2位に食らいついているのは翼のラブレター。

熱い親子対決の話題が飛び交っています。

そんな桂木の快進撃を分析する龍之介は、ある結論に辿り着いていました。

伏線の回収・・・。

連載が始まって20年のタッチアップには、数多くの伏線が張り巡らされているのです。

伏線を毎週のように回収し、神回を連発している桂木。

それが他を圧倒している理由だと、龍之介はジャンヌに説明しました。

龍之介の話を聞き、納得するジャンヌ。

ただ・・・連載期間の浅い翼のラブレターにまで負けている理由は分かりません。

その理由を尋ねるジャンヌに、龍之介はこう答えました。

翼は、命を懸けている・・・。

自分も命を懸ける覚悟があると、ジャンヌは言い返します。

しかし、龍之介が言っているのは気持ちの問題ではありません。

それは本当の意味で、命を燃やすこと・・・。

桂木の独走を見て戸惑っているのは、他の作家も同じでした。

天谷や島風、春日は、この戦いについていっては自分がつぶれると追うのを辞めています。

1人桂木の独走に付き合っているのは、翼のみ・・・。

翼は連載期間を短くしてでも、桂木を越えようとしているのです。

このまま人気を保ち続ければ、長く連載ができる。

しかし、翼は自身の漫画の寿命を削ってでも、桂木を真っ向からねじ伏せようとしていました。

その理由は、翼の過去に・・・・。

まだ母親が生きている頃、翼は桂木と母親の家族3人で食事に行きます。

食事中も、自分の漫画の話ばかりする桂木。

その時、あることを語っていました。

タッチアップは自分の最後の漫画であり、ライバル校の父親が息子である主人公を認めた瞬間・・・それが、終わりの始まり、だと・・。

翼が衝撃を受けたあの1話は、桂木が最終回までのアクセルを踏んだ瞬間だったのです。

これで桂木と戦うのは最後だと知っている翼は、命を懸けて勝負を挑もうとしていました。
そんな龍之介の話を聞き、困ってしまうジャンヌ。

自分の連載に集中すればいいと話す龍之介ですが、ジャンヌの心配は別のところにありました。

独走で最終回を迎えようとする桂木の夢を砕いてしまうかも・・・。

そう呟くジャンヌは、面白いアイディアが浮かんで止まらないと話したのです!!

ヒットマン【118話】感想

翼と桂木の親子対決!!

またもや翼の過去が伏線となっており、ヒットマンという漫画自体が伏線の回収に入ったように思います。

桂木が最終回に向けてスパートをかけたと、知っているのは翼のみ。桂木に勝ちたいと願い続けた翼にとって、これがラストチャンス・・・。

命を燃やしてでも、勝ちたくなるのは当然ですね!ただ、そんな2人の前に怪物が立ちはだかります。

自分の漫画を貫くだけで、命を燃やす2人を越えてしまうかもと話すジャンヌ。

むしろ、面白すぎる自身のアイディアを心配しているようですね!

ヒットマン【119話】考察予想

かなり熱い展開になってきました!!

このまま最終回にむかうことはありませんが、山場を持ってこようとしていることは間違いありません。

親子対決にライバル対決。

翼が越えるべき壁の物語が終わりに向かっているようですね!!

父親の呪縛と戦う、第一章が佳境に入った・・・。そんな感覚になっています。

ここからは、桂木に翼、ジャンヌの三つ巴の戦いが始まると予想します他を圧倒的に引き離し、競って行く3作品。

その戦いを制するのは・・!?

ヒットマン【119話】へ

まとめ

この記事では、ヒットマン【118話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧下さりありがとうございます!