ヒットマン

ヒットマン【115話】最新話ネタバレあらすじ感想|事故後の龍之介

こんにちは。2020年10月28日発売の週刊少年マガジンより、ヒットマン【115話】「それぞれの覚悟」を読みました。

114話では、フランスで開催されたジャパンエキスポ。最終日の飛行機の時間が迫る中、龍之介は事故に遭ってしまいます。

心配する龍之介の担当作家たちですが・・・担当不在で穴を空けるわけるにはいかないと、翼は原稿を描き始めます。しかも、ヒロインの死を題材とすることを決め、桂木と同じ道を歩み始めるのでした。

それでは、この記事では、ヒットマン【115話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「ヒットマン」を1冊無料で読む

ヒットマン【115話】最新話ネタバレあらすじ

編集室の話題は、龍之介の容態について・・・。

フランスで事故に遭ったことは伝わっているものの、その後の連絡はありません。

その時、ちょうどフランスから連絡が入るのでした。

一方、作家たちはそれぞれの作品に向かっています。

元担当の夏目と打合せをするのは天谷。

龍之介ならもっと意見すると、夏目に詰め寄っています。

そこで、夏目は龍之介と天谷の信頼関係を知るのでした。

担当はいらないと1人でペンを握る春日は・・・台詞について考えています。

この台詞で本当にいいのか・・・?

龍之介がいたら、なんて答えるのか・・?

いつの間にか龍之介の存在を追っている春日は、負けん気を出してペンを動かします。

その頃荒れているのは、怜奈と打合せ中の島風。

十分面白いと話す怜奈に対し、不純分だと不満をぶつけているのです。

翼の熱に当てられた島風は、まだまだ上を目指していました。

そんな翼を意識しているのは、ジャンヌも同じ・・・。

ヒロインが死ねば面白いと話した翼を思い出し、対抗意識を燃やしています。

自分の担当が事故に遭ったにもかかわらず、寒気を覚える思考に走った翼を間違っていると考えるジャンヌ。

悪魔のような心では人の心は動かせないと、翼の考えをマンガで否定しようとするのでした。

一方、その翼は・・・。

大嫌いだった父と同じことをしている自分に気づき、ペンを止めて考えています。

それから1週間が経ちますが、龍之介の容態は未だ不明・・・。

さすがにおかしいと、ジャンヌは考えていました。

一方の翼は、走ってどこかへ向かっています。

今日14時25分着の飛行機で、龍之介が日本に帰ってくると連絡があったのです。

空港に着いた翼が目にしたのは、頭に包帯を巻いた龍之介の姿・・・!!

龍之介に近寄り、声をかける翼。

龍之介は・・・翼を見て何の反応も示しません・・・。

まさか記憶がなくなったのか・・・?

翼がそう思った瞬間、龍之介は冗談だと笑い始めました。

笑えない冗談に、翼は起こって殴りかかります。

ただ、その後は龍之介に抱きつく翼。

実は、龍之介は間一髪でトラックを躱していたのです。必死にトラックを避けた龍之介ですが、目の前の電柱に激突!!

恥ずかしくて、今まで秘密にしていただけでした。

無事で良かったと、涙を流す翼。

ただ、信じられない言葉を口にします。

翼は、別れてくれと言い始めました!!

ヒットマン【115話】感想

やはり、龍之介は無事でしたね。死の危機から、まさかのドジパターン・・・!!さらに記憶喪失もにおわせ、事故後の定番パターンを全て盛り込みました。

しかし、本当の展開は翼と龍之介の決別・・・。

ここで別れたら、翼は龍之介の担当から外れることになると思います。

今回の翼の発言は、間違いなく自分を責めてのことでしょう。その事実を知らない龍之介は、当然戸惑うはず・・・。

2人の関係が今後どうなって行くかで、周囲の女性と龍之介の関係も変わってきます。

ヒットマン【116話】考察予想

次回、龍之介と翼は別れることになりそうですね。1度別れて違う人と付き合い、また戻るパターンが予想できます・・・。

翼は父と同じ考えを持ってしまった自分を責め、誰かと一緒に生きるべきではないと思っているのかもしれません。

大切な人の死をマンガに生かそうとする父を、翼は嫌悪していました。そんな父と同じ考えを持った自分を責めるのは当然ですが、自業自得でもあります。

訳の分かっていない龍之介は、間接的に事情を聞きそうですね。

ヒットマン【116話】へ

まとめ

この記事では、ヒットマン【115話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「ヒットマン」を1冊無料で読む