彼岸島 48日後…

彼岸島48日後【271話】最新話ネタバレ感想|弟の目!聡の目の正体

こんにちは。ひらりです。

2021年2月1日発売のヤングマガジンより、彼岸島48日後・・・【271話】「弟の目」を読みました。

270話では、血の楽園を前に入る方法を模索している明たちはとある姉弟に血の樽を盗まれてしまいました。すぐに取り返す明たちはその姉弟を取り押さえました。

人間である姉弟ですが、弟の聡の目は吸血鬼のように真っ黒な色をしていました。

それでは、この記事では、彼岸島48日後・・・【271話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

彼岸島48日後・・・【271話】最新話ネタバレあらすじ

弟の方の目が黒いことに気が付くと、鮫島たちの注目は一気に弟だけに集まりました。

目は黒いが牙はない、本当に人間なのだろうかと、真相を確かめるため、鮫島は姉だけを放り投げて弟の正体を聞きます。

聡の首を掴み壁に押し付けている鮫島の足に縋り付き、姉は許しを請います。

血を盗んだのは血の楽園に行きたかっただけで悪気はないと姉が言うため、鮫島は血の楽園のことについて聞こうとしますが、姉の頭は聡のことでいっぱいです。

聡をいじめないでと言う姉は鮫島の言う事も聞かずに鮫島の体に噛みつきました。

鮫島が痛みで思わず聡を話してしまうと、2人は走って逃げてしまいます。鮫島は追いかけようとするも、明は鮫島を止めます。

逃げ切りアパートに戻って来た姉弟。聡は眼鏡を忘れて来てしまいました。しかし眼鏡は伊達だからいいだろうと姉は笑います。

改めて考えるとやはり血の樽を諦めきれない姉は、新しい作戦を考えたから明日また盗みに行こうと聡に言います。

しかし話は明たちに聞かれていました。

明たちは2人をあえて逃がし、アジトまで追いかけてきたのです。

姉は明たちを追い返そうとします。明はここで聡が忘れて行った眼鏡を取り出します。姉が取りに行こうとしますが、明は弟に来いといいます。

すぐには来ない聡でしたがゆっくりと近づいてくると明の前で手を空振りしました。明は一切動いていません。

姉はこれ以上聡を辱めないでと言うと、聡の目が見えていないことを告白しました。そして姉は聡の盾になります。

明たちを信用していない姉は涙を滲ませながらこれまでのことを語ります。

兄が吸血鬼にさらわれ、2人だけで餓死しかけた日々。目が見えないだけでなく両目の眼球がなかった聡は、吸血鬼の食べ物を奪うために変装すると提案しました。

危険な行為ですが、生きるためには他の方法がありませんでした。

聡はピンポン玉を赤黒く塗り義眼の代わりにしたものを出して見せてくれます。

吸血鬼と同じ姿の聡の助けが必要だと言う明は、一緒に血の楽園に行こうと姉弟を誘います。

彼岸島48日後・・・【271話】感想

聡の目の正体は義眼でした。目の病気で義眼を入れている可能性は考えていましたが、そんなに都合のいい物が手に入るはずがないと勝手に除外していました。

まさかピンポン玉を義眼にしているとは驚きです。目玉ってそんなに大きいのですね。

目の見えない聡は吸血鬼の情報を周りから得ているだけでしょうが、直接見ていないからこそ怖がらずに吸血鬼の中に入っていくことも出来たのでしょう。この世界では幸か不幸の感覚が分かりません。

彼岸島48日後・・・【272話】考察予想

血を盗もうとした自分たちがまさか一緒に行こうと誘われるなんて思っても見なかったと言うような表情を浮かべた姉弟。

いきなり信用することは難しいですが、明が女子供を連れていることから少しだけ一緒にいても大丈夫なのだと思ってくれるかもしれません。

明がどうして血の楽園に行きたいのか、そして左吉のことを聞き姉弟は一緒に行くことに同意します。

次回は血の楽園入口にて吸血鬼と対峙するところまでが描かれることになるでしょう。ばれずに突破なるか!?

彼岸島48日後・・・【272話】へ

まとめ

この記事では、彼岸島48日後・・・【271話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

最新の「ヤングマガジン」を無料で読む