彼岸島 48日後…

彼岸島48日後【267話】最新話ネタバレ考察!難攻不落の要塞、血の楽園

こんにちは。ひらりです。

2020年12月21日発売のヤングマガジンより、彼岸島48日後・・・【267話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

266話では、左吉を殺害後、わざわざ自衛隊員を生かして明への伝言を残した拷問野郎は難攻不落の吸血鬼要塞「血の楽園」に逃げ込み、明たちの手の届かないところへ行くと嘲笑っていました。

明は勝次の腕のことと左吉の仇討ちのため、雅の息子探しの前に血の楽園へ向かいます。

「彼岸島48日後…」の漫画を1冊お得に読む

彼岸島48日後【267話】最新話ネタバレ「難攻不落の要塞、血の楽園」

拷問野郎が逃げ込もうとしているのは難攻不落の吸血鬼要塞「血の楽園」です。

そこにたどり着くことが出来ればもう明たちの手が届くことはない、と拷問野郎は自信満々です。血の楽園の場所は東京にあります。

上野を経由し、国会議事堂のある千代田区へやって来た明たちは、途中そんな建物の存在を耳にしてはいないためまた別の場所にあるのでしょう。

東京都内に元々ある建物を利用しているとすれば、皇居か東京拘置所でないか予想します。

彼岸島48日後【267話】最新話ネタバレ「血の楽園は集落?雅の息子もそこに!?」

拷問野郎の伝言では、血の楽園は「集落」であると明言していました。残り3体いる雅の息子がいる場所も集落であるため、雅の息子が血の楽園にいる可能性は高いです。

もっというと、難攻不落を謡っている場所に強い吸血鬼がいないのはおかしい為、雅の息子がいて当然でしょう。

勝次の腕治療と左吉の仇討ち、さらには雅の息子討伐と一か所で一気にカタを着けることが出来るのだと思います。

蟲の王の場所を既に出ていた雅がいる可能性もあります。

彼岸島48日後【267話】最新話ネタバレ「行先の決め手、途中で吸血鬼に会う」

目的地が確定していない今の状態では、拷問野郎が血の楽園に到着してしまう前に倒すのは無理だと思います。

道が水没した状態の東京を筏で進む明たちは、早急に行先の目星をつけなくてはなりません。

ユカポンが何かを思いつく可能性もありますが、出発前に自衛隊から何かしら情報を貰っているかもしれません。

それでも確信は持てないため、やはり途中で吸血鬼を見つけて情報を聞き出す必要があります。早く見つかるでしょうか。

まとめ

この記事では、彼岸島48日後…【267話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。(確定記事はこちら

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!