彼岸島 48日後…

彼岸島48日後…【261話】ネタバレ考察|遂に決着、蟲の王に勝利!!

こんにちは。2020年10月26日発売のヤングマガジンより、彼岸島48日後・・・【261話】ネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

260話では、勝次が蟲の王の体と心臓を繋ぐ管を全て切断したため、蟲の王は苦しみ突然変異老化を始めました。

体の硬さも失い死が近づく蟲の王は、最後に勝次を殺してしまおうと抵抗するも中から出てきた明によって頭を斬られてしまいました。

「彼岸島48日後…」の漫画を1冊お得に読む

彼岸島48日後【261話】最新話ネタバレ「遂に決着、蟲の王に勝利!!」

勝次を道連れにしようとしていた時点で、蟲の王が死亡することは確定しました。

後はどのタイミングで死亡するかです。体の構造を見ると心臓は1つであり、その心臓を体と繋いでいた複数の管は全て切断されたため、言うなれば蟲の王の心臓は体から抜かれた状態だと言えます。

心臓抜かれてまだ動ける、このことに関しては姑獲鳥が首を落とされても生きていたことから可能な範囲なのでしょう。

しかし死ぬことは間違いありません。今から助け出される勝次の生死を確認して、絶命するでしょう。

彼岸島48日後【261話】最新話ネタバレ「勝次の安否!祈りよ届け!!」

明が蟲の王の頭を一刀両断したと同時に、鮫島たちは落ちた尻尾の先端から勝次を助け出します。

かなり狭い空間ですが、もう軟らかくなった蟲の王の殻を引き裂いて中から出すことは可能でしょう。

出した時勿論勝次は動いていません。蟲の王はその姿を見て勝次は死んだと判断し、笑みを浮かべて死んでいこうとするでしょう。

そこで勝次、もしくは変化した勝次の左腕が少し動きます。

勝次はまだ生きているぞ!!頑張れ勝次!!皆が勝次を励まし、喜ぶ声を聞いて、蟲の王は絶望の中で死を迎えることになります。

彼岸島48日後【261話】最新話ネタバレ「蟲の王の死で雑魚どもはどうなるのか!?」

雑魚どもと言っても実際は雑魚ではないのですが、拷問野郎や門番はどうなるのかが気になるところです。

蟲の王がいないのに戦ってどうする?ここで戦いを止めて動かなくなる可能性がありますが、もう1つの可能性として雅の指示を受けて戦う可能性があります。

元々姑獲鳥の所には既にいなかった雅を追って息子である蟲の王の所へ進んだ明。

今の状態の明では雅と戦うことは不可能であるため、雅は面白がって雑魚たちに明を殺させようとするかもしれません。

かなり消耗した状態ですが戦いは避けられないのでしょうか?

まとめ

この記事では、彼岸島48日後・・・【261話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(261話の確定はこちら

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「彼岸島48日後…」の漫画を1冊お得に読む