彼岸島 48日後…

彼岸島48日後【254話】最新話ネタバレあらすじ感想|裏切り野郎

こんにちは。2020年8月24日発売のヤングマガジンより、彼岸島48日後・・・ 【254話】「裏切り野郎」を読みました。

253話では、追いかけてきたバッタに勝次が1度捕まってしまうも、何とか抜け出し奥へと進みます。

その時、外の鮫島たちが再び蟲の王に見つかってしまったことで蟲の王がからを伸ばしてしまいました。通路が縦向きになり、バッタが落ちていく中、明たちは何とか持ちこたえます。

それでは、この記事では、彼岸島48日後・・・ 【254話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

彼岸島48日後【254話】最新話ネタバレあらすじ

怒る蟲の王が殻の先端を鮫島たちに向かって叩きつけました。

地面が割れて飛んで来る岩の破片が当たった鮫島の頭は出血し、ネズミ、ユカポンも飛ばされてしまいます。

蟲の王の中の明と勝次も通路内の壁に何度も体を打ち付けられ、かなり傷を負っています。

今度こそ鮫島たちを殺したと思っているため、勝ち誇った笑みを浮かべる蟲の王。

その時、気を失っていたネズミが目を覚ましました。うつ伏せに倒れる鮫島がネズミとユカポンを庇ってくれていました。

鮫島は頭から血を流しておりピクリとも動かないため、ネズミは鮫島の手首を掴みます。

鮫島の脈を確認すると共に、ユカポンのうなり声も聞こえたためネズミは一先ず安心しました。しかし、蟲の王が再び接近てきます。

蟲の王の体内では勝次だけが気絶していました。明は勝次を背負って奥へと進んでいきます。

近づいてくる蟲の王から逃げたいネズミは、ユカポンを助けたい気持ちと自分には何も出来ないから見捨てていくしかないという2つの気持ちの狭間で葛藤していました。

自衛隊が鮫島たちの危険に気づいた時、ネズミは1人で走り出していました。

ネズミは裏切り野郎だと隊員たちがネズミを見損なった時、十条が鮫島の背中にあったはずの銃がないことに気づきます。

鮫島たちが蟲の王に見つかってしまった時、1人で鮫島たちから離れたネズミが蟲の王に銃弾を浴びせます。

囮になったネズミに怒る蟲の王が向かっていきます。

体内では明たちはもう心臓のすぐそばまで来ていました。希望が見えたその時、背後からはバッタの集団が登場。

明は勝次を落とし、その衝撃で勝次は目覚めました。明は十条から預かったサブマシンガンを勝次に渡して1人で行かせようとします。

もともと狭くなれば勝次に行かせようとしていた明は、勝次に背中を向けて1人バッタと戦います。

ヤングマガジンを『試し読み』からチェックする

彼岸島48日後【254話】感想

ようやくネズミが立ち上がりました。この戦いの中いつかはやってくれると思っていましたが、それが同時に死亡フラグであるような気がしています。

囮になったことが尚更そう感じさせます。1度は逃げようとしました。それでも逃げ出して戻るのではなく、その場で答えを出してしまったのはかっこいいと思います。

鮫島も気を失ってしまったのはダメージが大きかったと察することが出来るので、起き上がってもこの後戦えるかが心配です。

彼岸島48日後【255話】考察予想

今回の話は主に外中心でした。そのため次回は中中心であり、しかも勝次メインの話になるでしょう。

悩んでいる時間がもったいないことは勝次もよくわかっているはずです。明を置いていくことが嫌な勝次ですが、そうするしか方法がないと分かればちゃんと前に進むでしょう。

心臓はもう目の前なことは間違いありません。しかし敵がいないかどうかはまだ分かりません。

心臓だけであり、勝次1人でも破壊できる心臓であることを祈るしかありません。

彼岸島48日後・・・【255話】へ

まとめ

2020年8月24日発売のヤングマガジンより、彼岸島48日後・・・ 【254話】「裏切り野郎」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

彼岸島48日後…を『試し読み』からチェックする