週刊少年チャンピオン

ハリガネサービスACE【95話】最新話ネタバレ感想!叶の感情「b」

こんにちは。ひらりです。

2020年12月10日発売の週刊少年チャンピオンより、ハリガネサービスACE【95話】「衝動」を読みました。

94話では、下平のハリガネスパイクで追撃する豊瀬。 月聖は一旦タイムアウトを取り、手のひらのツボを押して平常心を取り戻します。

10代にもかかわらず無意識の打ち会得した叶のスパイクに反応が遅れる金田。 月聖は23点を取り豊瀬からリードを奪います。 

それでは、この記事では、ハリガネサービスACE【95話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

最新の「週刊少年チャンピオン」を無料で読む

ハリガネサービスACE【95話】最新話ネタバレあらすじ

性転換した叶は、幼少期に自分は男だとずっと思っていました。

性器も成長すれば生えてくる。

もちろん実際はそんなことはありません。

髪を伸ばすのも、スカートをはかされることも嫌い。

七五三で着物を着せられては不快な感情が沸き上がってきます。

その時に声を囁くもう一人の自分。

男なのに女の格好をしている変なやつ。

気が付けば叶は自分の髪の毛を短く切り刻んで、母に何度目だと怒られていました。

叶の精神が限界になると、そいつは急に現れては体を乗っ取り、気が付けば裸のままで部屋

中が荒れ放題になっています。

自分の中に潜む狂暴な衝動を「b」と名付ける叶。

それはbeast(野獣)の頭文字「b」を由来とします。

叶の回想が終わり、場面は試合に戻ります。

叶の無意識攻撃にリベロの金田は反応が遅れ失点を重ねる豊瀬。

何故遅れるのか納得がいかない金田。

月聖がマッチポイントになりました。

月聖のサーブを拾いトスをセットアップする松方。

俺に来いと心で思う大船。

しかし、松方のトスは下平に上がります。

ブロックを腕ごと弾き飛ばそうと、ハリガネスパイクで関節を固める下平。

しかし、叶のブロックに吸い込まれるような感覚に陥ります。

人は未知のものに触れると反射的に自分の手を引っ込めるように、下平は脱力した叶のブロックに対して一瞬引いてしまいます。

すかさず力を入れて押し返す叶。

下平のスパイクはシャットアウトされてしまいます。

第1セットは、月聖25-豊瀬23。

叶は下平に対して、2人掛かりで潰させてもらうと宣戦布告をします。

ハリガネサービスACE【95話】感想

武術の達人が長年の修行で会得する極意をわずか10代で成し遂げた叶。

その天才ぶりに翻弄される豊瀬ですが、大船や金田は何が起きているのか状況が理解できないまま第1セットが終了した印象です。

途中、古武術を取り入れた下平のスパイクで同点まで追いつきましたが、最後はで脱力を上手く使った叶が一歩上をいった感じで、改めて古武術の引き出しの多さに感心しました。

ラストシーンは叶の目の色が異なるオッドアイ。中二病満載です。 

ハリガネサービスACE【96話】考察予想

午前中の試合とは異なり第1セットを失った豊瀬。

次回は作戦タイムでしょうが、豊瀬は限られた時間の中で有効な古武術対策が立てられるかがポイントです。

攻撃は下平がスパイクを見様見真似で何とかなりそうですが、大船など力任せのスパイカーが真似をしても自分のフォームを崩すだけなので、これは得策ではないでしょう。

対する叶は感情「b」も前面に押し出した攻撃が予想されます。

回想シーンから想像すると、第1セットとは異なる荒々しいプレーが見られるかもしれません。

ハリガネサービスACE【96話】へ

まとめ

この記事では、ハリガネサービスACE【95話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!