週刊少年チャンピオン

ハリガネサービスACE【90話】最新話ネタバレ感想|危機感!成宮のセンス

こんにちは。ひらりです。2020年11月5日発売の週刊少年チャンピオンより、ハリガネサービスACE【90話】「道」を読みました。 

89話では、バレー部に入部して団体競技での真剣勝負の醍醐味を楽しむ成宮。 しかし、彼の心臓には負担がかかり、警告のアラームが鳴り響きます。

しかしバレーの楽しさを教えられたコートのメンバーたちは奮起。 あれだけ苦戦していた月聖の攻撃にも対応し始めるのでした。

それでは、この記事では、ハリガネサービスACE【90話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「ハリガネサービスACE」の漫画を1冊無料で読む

ハリガネサービスACE【90話】最新話ネタバレあらすじ

コートの外で試合を観戦する下平は、成宮が羨ましかったです。

恵まれた体格からの視界は自分とは違う世界だろうと想像し、このまま上達すると自分の出番がなくなると思うほどでした。

しかし、心臓のアクシデントで無念の交代をする成宮。

その表情を見ながら、下平も足のケガでバレーが出来なかった時期を思います。

しかし、下平にとってそこは行き止まりでなく、足のケガによりサーブの練習を徹底的に行い、現在に至る時期でもありました。

同じように今からでも成宮に繋がる未来を見せてあげると、顔を上げて試合を観るように思う下平でした。

スパイクを放つ下平。

この一撃は月聖のブロックに阻まれますが、その後が早いです。

すぐさまカバーに入るリベロの金田。良い所にいたとナイスフォローです。

その様子に何かを感じる叶。

反撃の豊瀬は下平を囮にして、松方のトスはその奥の間白に。この攻撃には月聖の古武術も対応できません。

反撃の狼煙を上げる豊瀬。

しかし、月聖も勢いづかせるなと叶の激を受けて攻撃に転じます。

叶は後衛。

月聖のセッターは2番の清にトスを上げます。

マッチアップする下平は後方にいる金田のポジションを確認します。

フォローしてくれるから大丈夫だと、ハリガネブロック。これに対して月聖は脱力した攻撃で、ボールをネットと下平の間に吸い込ませます。

股で上げるよりも敢えてボールを落とす下平は、そのままヒールで後方にトス。

そのボールをまたも金田がレシーブします。

叶は下平が金田の位置を把握しながらプレーしていることに気が付くのでした。

ハリガネサービスACE【90話】感想

スポーツにはケガや思わぬハプニングはつきものです。

その間に気になるライバルや選手たちが成長していく様子を見てしまえば、焦る気持ちもなおのこと。

下平自身も成宮のセンスに危機感を募らせていたようです。それでも成宮の今後を心配するなど根の優しさが出ています。

チームとの仲間の協力プレーを成宮に見せた下平。お互いの信頼関係あっての金田とのコンビネーションは、サービスエース以外では一人で点を取ることが不可能なバレーならではのプレーです。

ハリガネサービスACE【91話】考察予想

成宮のプレーに感化されたか、前回の後半から月聖の古武術プレーに対応し始めてきた豊瀬です。

下平はサーブではなくブロックでのハリガネ。

全身をハリガネのように緊張させるプレーで、何となく月聖の古武術に通じるところがありそうです。

流行りの言葉を使えば“全集中”?

今回は途中の得点経過が描写されずに、どこまで試合が進行したのか今一つ不明でしたが、そろそろ終盤のばずでしょう。

ローテーションでは後衛にいる叶が前衛に回った時、果たして下平と金田のコンビプレーが通じるのか見ものです。

ハリガネサービスACE【91話】へ

まとめ

この記事では、ハリガネサービスACE【90話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「ハリガネサービスACE」の漫画を1冊無料で読む