ハコヅメ~交番女子の逆襲~

ハコヅメ~交番女子の逆襲~155話ネタバレ感想|川合にとっての藤の存在

こんにちは。ひらりです。

2021年5月20日発売のモーニングより、ハコヅメ~交番女子の逆襲~【155話】「私があなたの一番に」を読みました。

154話では、

中富が伊賀崎にわざと色々と話させた回でした。奥岡島事件で優秀な内偵捜査をしていた伊賀崎ですが、その話をされることを好みません。

しかし中富はただ褒めているように話、普段は話さない伊賀崎から色々と聞き出したのでした。

それでは、この記事では、ハコヅメ~交番女子の逆襲~【155話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~155話ネタバレあらすじ

保険関係研修会が行われている時、藤を挟んで川合と同列に座っている如月は、川合が好きな漫画の映画が上映されるため一緒に行かないかと誘います。

川合が喜んだ時、藤は如月が玄田とヨリを戻したことに触れてきます。

違うと言おうとする如月の言葉を遮り、川合がヨリを戻したことは嬉しかったと言うと如月は一気に真顔になり、分かれたと答えます。川合は如月の様子に恐怖を感じました。

川合は怖くて研修会が終わり次第早々に立ち去ります。追いかける如月に、無神経な源、藤がついて行こうとしたため山田が止め、川合と如月は2人になりました。

如月は先ほどの態度を謝るも川合は如月の“男”である部分に恐怖を感じてしまっており、目を合わせることもしません。

如月は異性として見られることが嫌だったかを聞きますが、川合はそれすらもまともに答えることが出来ませんでした。如月は謝って去って行きます。

本当にどうしたらいいのか分からず、ただただ悩む川合は藤のことを思い浮かべました。川合はハンサムから行為を持たれた瞬間を、藤に見られたことがショックだったのです。

勿論川合はこれから藤野知らないところで恋愛も結婚もすると思われます。しかし、今は藤と一緒にいることを何よりも優先したいのです。藤よりも大事な人を作り、自分から今の関係を手放すことは川合には出来ません。

しかしその晩、保健の話をしていた際に、藤の中には確かに川合の居場所があることを知り、川合は安心しました。

翌日、川合が挨拶をしただけでほっとしてくれる如月に、川合は映画に行こうと誘います。そして週末映画に行くことになりましたが、そこには男心検定8級の藤が一緒にいました。初めから3人で行く予定だったようです。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~155話感想

如月が川合に抱いている気持ちは恋愛感情であることがはっきりとした話でした。異性として見ていると思った瞬間はこれまでもありましたが、それでもペットや妹のような感じ方だと思っていました。

しかし、川合の受け止め方がこれまた特殊です。正直あんなに分かりやすいイケメンからまっすぐな行為を向けられたら、ワッショーイと大興奮してしまいます。

映画に誘ってきた時の顔も最高。川合はもったいないことをしているな、と感じてしまいました。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~156話考察予想

殺人・死体遺棄事件で男女関係についての話はしばらくないと感じていましたが、今回川合と如月のことを受けて男女関係の話はこれからもあると確信しました。

フラれたことを玄田は受け入れてくれている、と思いましたが川合に対して悪い感情を抱かないか少し不安なところです。

しかしこれから見どころとなる大きな出来事は絶対に伊賀崎が関わってきます。楽しい話もほどほどに、早く中富が何を探っているのかを知りたいと思っています。

▷ハコヅメ~交番女子の逆襲~【156話】へ

まとめ

この記事では、ハコヅメ~交番女子の逆襲~【155話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「モーニング」を1冊無料で読めちゃうのはこちら