ハコヅメ~交番女子の逆襲~

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【151話】最新話ネタバレ感想|重い歓迎会のサプライズ

こんにちは。ひらりです。

2021年4月15日発売のモーニングより、ハコヅメ~交番女子の逆襲~【151話】「歓迎会にもコンプラを」を読みました。

150話では、

殺人・死体遺棄事件が落ち着いた署員たちに疲れがにじみ出ていました。

その中でも特にひどい川合は立てなくなってしまい源や山田に助けてもらいます。

カナを失った傷も癒えぬ川合の謎の症状は、次の日には自然とよくなり、いつも通りの日常が続いて行くのでした。

それでは、この記事では、ハコヅメ~交番女子の逆襲~【151話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

▷ハコヅメドラマ無料見逃し動画を見る方法

▷ハコヅメドラマ何巻何話までか予想!無料で漫画を読みたい人はこちら

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【151話】最新話ネタバレあらすじ

川合と山田は突然署長室に呼ばれました。

心当たりはありすぎて理由は不明。

それでも歓迎会の準備の命令とかであろうと署長室に入っていく2人に待ち受けていたのは、署長以下各課長たち。

とても恐ろしい状況ですが、やはり内容は歓迎会の準備についてでした。

どうしてここまで改まっているかと言うと、それは殺人・死体遺棄事件のせいで町山署は多くの避難を受け、管内でも事案が多発しているからです。県警の中で町山署への移動は町山流しと呼ばれているほど。

それに加えて西川の死とカナの辞職により署員たちも落ち込んでいます。

少しでも早く一丸となるために、川合と山田は「何をしても怒られる」状況でも歓迎会を準備しなければいけなくなりました。

心の中で悲鳴を上げる2人。

市民の目もあるため騒ぐのはNG、場所も署の道場と言う激ムズ案件。

幹部たちは少しでも2人の労力を減らそうと、役どころを考えてくれていました。

それは「誰も傷つけないドッキリ」の仕掛け人。

責任者を任された秀山はとても暗い表情をしています。

そんなこんなで当日を迎えてしまいます。

盛り上げようとしても新規転入者、生活安全課は暗いムード。しかし源、藤、宮原は空気を読まずに盛り上がっています。

川合たちがいないことを気にする宮原に、源、藤は何も知らないと答えますが、川合たちがプラカードを作っていたのを目撃しています。

ドッキリとは気づいていないようですが、秀山は危機感を感じました。

今回の転入者の中には中富が地域課長として入っています。新しく生活安全課の係長となる横井と中富が話していると、そこに町山署マスコットの雑なコスプレをした2人が入ってきました。

肩車をして現れた2人が警察体操をしようとした時、上に載っている方の被り物が取れてしまいました。

そこには桜の姿が・・・。

桜はこの春より生活安全課に復帰するのです。源と藤は桜が制服を着て立っている姿に感動します。これこそがドッキリ。

道場を出た源は、扉の前でプラカードを持つ川合を見つけて微笑んでいました。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【151話】感想

カナと西川がいなくなったことで誰かが来ると予想していました。

特に桜は予想通りです。

戻ってこられて本当に良かったと思うと同時に、桜の姿に感動している源、藤の様子が印象的でした。

中富も町山署に移動してきたことは予想外です。

殺人・死体遺棄事件の際に、刑事課長が中富に期待していたと源が言っていたこともありむずがゆい関係になりそうです。

中富と刑事課長は課が違いますが、やり取りがあることを楽しみにしています。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【152話】考察予想

桜が来たことで次回は勿論桜が絡んでくる話になりそうです。

カナがいなくなって落ち込んでいた藤も、カナが桜に残したメッセージを聞いたことでもう大丈夫になります。

代わりに戻って来た桜に絡みまくるでしょう。自分の仕事に影響が出るほどです。

優しそうな桜も怒ってしまうかもしれません。

そんな桜が先に怒るのは川合です。

1年前、大切なゴリラ(藤)のことを悪く言った川合にはきついお灸をすえてやらなければならないのです。

ハコヅメ【152話】へ

まとめ

この記事では、ハコヅメ~交番女子の逆襲~【151話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「モーニング」を1冊無料で読めちゃうのはこちら