ハコヅメ~交番女子の逆襲~

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【137話】最新話ネタバレ感想|怒メスティックな彼女

こんにちは。2020年10月15日発売のモーニングより、ハコヅメ~交番女子の逆襲~【137話】「怒メスティックな彼女」を読みました。

136話では、藤が男との距離感について如月や宮原から注意されました。女性警察官は男性だらけの場所で働くため男性への警戒感薄れていきがちですが、

もしも交番が襲撃されたとしたら女性警察官は狙われるのだと如月は藤に身をもって教えてくれました。

それでは、この記事では、ハコヅメ~交番女子の逆襲~【137話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

▷ハコヅメドラマ無料見逃し動画を見る方法

▷ハコヅメドラマ何巻何話までか予想!無料で漫画を読みたい人はこちら

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【137話】最新話ネタバレあらすじ

世の中がロクなものではないと思っていたカナは、警察官になってから世の中には優しさが溢れていることに気付けるようになっていました。

しかしカナの中にも勿論邪悪な部分はあり、怒りや不満が溢れそうになった時は笑うように心がけているようですが、その笑顔はひどいものなので回りにばれてしまいます。

この日、内縁関係にある男性長谷川からDVを受けている、と小学2年生の息子がいる白井が相談にきました。

白井は長谷川と別れたいものの、お金の心配があり別れられないと言うため、益田はすぐに市役所のDV相談窓口の市川に連絡してから、行政の支援について白井に伝えました。

まだ話をしている段階で、市川から新しい部屋が確保できたと連絡がきます。

すぐに引っ越すことになり、警察と共に白井は家に行きました。

長谷川の事情聴取と並行して白井は息子の亮と共に引っ越し準備を進めます。

感動の親子風にしている2人を見て長谷川が何か言いたげでした。

事情聴取で長谷川は亮がお金を盗もうとしたから叩いてしまったと答えました。

そして白井には出て行って欲しいのだと西川に言います。

亮は自分がお金を盗もうとしたせいでこんなことになったと言いますが、白井は自分がすべて悪いのだと泣きながら亮を抱きしめます。

亮の口からお金を盗もうとした動機は聞けませんでした。

引っ越しが終わり後日。パチンコ店で客に金をせびる女、白井の元にカナと益田がやってきました。

カナは白井がブランド物を持っているのに、亮の服がボロボロのことや、その他のいくつかの理由から白井を疑っていたのです。

亮は2日間家に放置されていたため警察に保護されました。

カナは嘘で行政を利用しようとした白井への怒りから、ひどい笑顔を浮かべていました。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【137話】感想

今回はカナが主人公の話でした。被害者を名乗る人を疑うのは良くないですが、純粋な気持ちで全てを受け入れる益田は今回痛い目を見たようです。

長谷川の聴取のあたりから白井はどこか怪しいと思っていて、やはり最低な女であることが発覚。

長谷川は亮のことも知っていたと思うため、あの時点で話してくれればよかったのに、と思いました。カナは警察にとても向いています。

牧高同様とても頼りになるため、好きです。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【138話】考察予想

最近川合回が少ないと思います。そのため次回は川合回を希望します。

なんだかんだ藤の話になっていくことが多い為、川合のプライベートを見ることが出来ないかな、と思っています。

家族での話も多分犬が亡くなった時以来ない為、久々の非番は家族団らんもありだと思います。

川合の父はかなりの曲者のため、川合が1人で帰ってきたら文句を言いそうですが、それでも川合のことを日々心配して応援してくれるため見ていてほっこりします。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~【138話】へ

まとめ

この記事では、ハコヅメ~交番女子の逆襲~【137話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」の漫画を1冊お得に読む