五等分の花嫁

五等分の花嫁【120話】ネタバレ感想!風太郎と四葉の結婚式まで!

こんにちは。2020年2月5日発売の週刊少年マガジン【120話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

119話では、風太郎は四葉を誘ってデートをしました。家族で使うファミレス、勉強をする図書館と周り、最後は四葉のお気に入りの公園に行きます。そこでブランコで四葉が跳んだ距離に自分も達したら伝えたいことがあると言う風太郎ですが、こぎすぎてブランコの鎖は壊れて吹っ飛んでしまいました。

けれど四葉のところまで行くことができ、風太郎は彼女への気持ちを伝えプロポーズをします。四葉は子供の頃はお嫁さんが夢だった、風太郎にいつか叶えて欲しいと言い彼の手をとるのでした。

➡五等分の花嫁【120話】確定はこちら

➡「五等分の花嫁」のアニメ動画や最新刊を無料で読む

五等分の花嫁【120話】最新話ネタバレ「零奈は?」

五月は119話で四葉のもう背中を押さなくても良さそうだと感慨深そうに言いました。ということは五月が今までにしていたこと、つまりは零奈への変装はそのためだったのでしょう。

そうなるともう零奈は登場しなさそうで少し寂しいものです。そこで気になるのは零奈が風太郎から取り上げ、後に一花の手に渡った小学生の風太郎と四葉のツーショット写真です。
あれは現在どこにあるのでしょうか?

おそらくは一花の汚部屋に埋もれているのでしょうが、それを四葉か風太郎に返却するイベントが次回行われるかもしれません。

五等分の花嫁【120話】最新話ネタバレ「風太郎は進学する大学の学部は?」

今回、四葉の幼少の頃と今の将来の夢が明らかになりましたが、それでは風太郎はどうするのでしょうか?

風太郎と四葉は林間学校の最終日から2000日後に結婚するのですが、その時には風太郎はもう働いています。

ということはもう4年制の大学卒業後すぐに風太郎は働いているわけで、飛び級でもしない限り6年制の医学部、歯学部、獣医学部ということはないでしょう。

なので病院を経営している五つ子の父マルオの跡を継ぐということはなさそうです。風太郎の目的は他者に必要とされ、そして妹に楽をさせることなので稼げるならどんな職業でも良さそうです。

どの成績もトップなので文系理系さえも予想がつきません。そこら辺のことが次回明らかになって欲しいところです。

五等分の花嫁【120話】最新話ネタバレ「風太郎と四葉!結婚式までにやること?」

結婚式の時、風太郎は鐘キスの相手を知っており、そして周りは風太郎と四葉の仲を当然知っています。風太郎はいつ鐘キスの相手を知るのかが気になるところですが、もしかしたら風太郎は最初から四葉だと気づいていたのかもしれません。

風太郎は四葉の婚約者になったわけなので、そこら辺のことを問い詰めて欲しいところですが、風太郎の立場に立つとそれがもし四葉じゃなかったらまずいことなので彼から聞くことはできないかもしれません。

となれば四葉から風太郎に白状して欲しいところです。

周りがこのカップルのことを知ることについてですが、その周りの中で一番気になるのは五つ子の父のマルオです。

彼が一体いつ2人の仲を知ることになるか分かりませんがぜひ見たくてなりません。予想としては風太郎が家庭教師の任務を達成した時、マルオから直々に彼へお礼を伝えるのではないか、そしてその時に知ることになるのではないかとにらんでいます。

まとめ

2020年2月5日発売の週刊少年マガジン【120話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。