炎炎ノ消防隊

炎炎ノ消防隊【239話】最新話ネタバレ感想|消えたヒーロー

こんにちは。2020年10月14日発売の週刊少年マガジンより、炎炎ノ消防隊【239話】「消えたヒーロー」を読みました。

238話では、多摩湾に現れたのは、最後となる八本目の柱。その柱を守る巨人は・・・聖陽教の創始者・ラフルス一世です。

巨大な力を持つラフルス一世ですが、それを一撃で倒したシンラ!!しかし、神に等しいラフルス一世を倒したシンラを、国民は悪魔だと感じました。

その結果・・・突然シンラは姿を消します・・・。

それでは、この記事では、炎炎ノ消防隊【239話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「炎炎ノ消防隊」のアニメや漫画を1冊無料で読む

炎炎ノ消防隊【239話】最新話ネタバレあらすじ

消えたシンラを見て、戸惑うタマキ。

さらに、さっきまで横にいたアイリスが消えていることにも気が付きます。

消えてしまったシンラとアイリス。

同時に消えてしなったショウを見て、アローも動揺しています。

3人が姿を消した理由は、リヒトにも見当がついていません。

一方の白装束の集団は、すべて計画通り進めていました。

自分達も柱に向かうと話すのは、シスタースミレ。

ヨナだけを残し、柱たちは最後の柱へと向かって行きます。

地下に残され、人類のヒーローが消えたと話すのはヨナ。

シンラは本物のヒーローだったのです。

十二年前に起きた火事。

ショウと母は消したもののシンラだけは地上に残し、親殺しの汚名を着せたのです。

人々はシンラを悪魔と呼び、つまれてしまったヒーローの芽。

さらに、今回のラフルス一世との戦い・・・。

シンラは人々から悪魔と認められ、姿を消しました。

この星を燃やし尽くす準備は整ったと話すヨナ。

救世主が消えた今、天照にキーを刺せば目的は達成される・・・。

白装束の集団が動き出している頃。消防隊員たちは戸惑っています。

バーン大隊長に入った報告は、焔ビトの大量発生!!?

一方の第八は、シンラとアイリスを探し続けていました。

柱であるシンラはともかく、アイリスまで消えた理由が分からない・・・。そう話すタマキの疑問に、リヒトは答えます。

理由は・・・アイリスが八柱目だったから・・・。

ただ、2人がどこに行ったかはリヒトにも分かりません。

そんな第八の話し合いに割って入ったのは、突然現れたアロー。

シュウの守護者であるアローは、3人はアドラに行ったと話します。

この戦いが始まる前、ショウと話をしていたアロー。

シンラがヒーローになれば、大災害を止められると話していました。

ただ、失敗すれば柱はアドラに消える・・・。

世界を救うための希望はシンラだと話し、ショウはアローに全てを託したのです。

シンラが消えた今、大災害の阻止は起動を止める事!!大災害を起動する、スイッチを止める必要がある・・・。

ショウの意志を受け継いだアローは、第八のメンバーにそう説明しました。

そのスイッチの場所を、天照だと推測するヴァルカン。

ジョバンニが天照のキーを探していた事実から、ヴァルカンはその結論に辿り着きます。

大災害を阻止するため、天照へと車を走らせる第八。

一方、白装束の集団も・・・キーを持ち、天照へと移動を始めました。

炎炎ノ消防隊【239話】感想

消えてしまったシンラとショウ、アイリスの3人。ここにきてアイリスが柱であるという事実に、第八のメンバーも気が付きました。

シンラとラフルス一世の戦いから、仲間たちを守ったのはアイリス。2人と同等の力があることを、ここで証明しています。

ヒーローが消え、終焉へと近づく世界ですが・・・。

ショウが残していた言葉により、アローが仲間に加わります。

守護者はいずれも強大な力を持っているため、心強い仲間が出来ましたね!!

炎炎ノ消防隊【240話】考察予想

天照を目指し、移動を始める第八消防隊。それと同時に、白装束の集団も天照に向かっています。

次回は、天照にて戦いが始まりそうですね!!

一方、アドラへと消えてしまったシンラ、アイリス、ショウの3人。この3人も、アドラで戦いを始めるのではないでしょうか!?

地上へと戻る道は、アドラにも残されているはず・・・。

アドラから戻ってきた3人は強さを増しており、ヒーローになると予想します。

アーサーはドラゴンへのリベンジに燃えていると思うので、地上での戦いも楽しみです!!

炎炎ノ消防隊【240話】へ

まとめ

この記事では、炎炎ノ消防隊【239話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「炎炎ノ消防隊」のアニメや漫画を1冊無料で読む