炎炎ノ消防隊

炎炎ノ消防隊【247話】最新話ネタバレ感想|二百五十年の執念

こんにちは。ひらりです。2020年12月9日発売の週刊少年マガジンより、炎炎ノ消防隊【247話】『二百五十年の執念』を読みました。

246話では、天照の外で繰り広げられるのは、第八と守り人の激しい戦い。一方、天照内部に入ったヴァルカンたちは中央部に辿り着きました。

部屋の中に入ると・・・現れたのはジョヴァンニ!!?ジョヴァンニは、今の太陽が大災害でできあがった星だと説明したのです。

すなわち、今後の地球の運命は太陽になること・・・!?

それでは、この記事では、炎炎ノ消防隊【237話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「炎炎ノ消防隊」のアニメや漫画を1冊無料で読む

炎炎ノ消防隊【247話】最新話ネタバレあらすじ

アドラに飛ばされ、目を覚ますのはシンラ。

柱やショウがどうなったのか、気になっています。

意識が朦朧とする中・・・シンラはそれでも大災害を止めようとするのでした。

一方、天照の内部で戦うのはリサとジョヴァンニ。

人柱はアドラに向かい、アドラとこの世界を結ぶ役割をすると話します。

世間の人々のイメージは、滅びに向かっている・・・。

そんなジョヴァンニに話を聞いても、ユウは信じられないと話しました。

対して、ジョバンニの言葉に効く耳を持っているのはヴァルカン。

リヒトに連絡を取り、信ぴょう性を確認します。

話をすべて聞いていたリヒトは、ジョヴァンニの言葉を信憑性ありと判断。

天照の入り口で戦いを見ているリヒトは、何とかして奥に向かうと話すのでした。

しかし、ジョヴァンニは待ってくれません。

キーを守ろうと戦うリサを、一方的に攻撃しているのです。

必死に抗うリサを相手にしながら、ジョヴァンニは過去について語り始めました。

それは、二百五十年前・・・。

ジョセフ家と同じく、ジョヴァンニの先祖は天照の建築に参加していたのです。

同じく動力源の作成を担当しいたジョヴァンニその先祖は、ジョセフ家が天照の真の力を封印したことを見ていました。

そして・・・その後、監視し続けていたのです。

遂に天照の真の力を解放するときが来たと、キーを手に入れたいジョヴァンニ。

かつてジョヴァンニに実験台にされていたリサは、涙ながらに抗っていました。

ジョヴァンニの正体を尋ねたヴァルカンに向かって、答えを話すリサ。

ジョヴァンニの身体は・・・全て蟲でできていると言います。

彼は、うごめく蟲を操って戦っている・・・・。

恐怖を感じるリサに、ヴァルカンは大丈夫だと話しました。

ユウに指示し、ある物を取り出すヴァルカン。

その機会に、リサが炎を流し込みます。

すると・・・一瞬にして、ジョヴァンニの蟲が吹き飛んだのです!!

蟲は、磁場の流れを感知して動いていると研究していたヴァルカン。

この機会は、その磁場の流れを狂わせるもの・・・!!

ジョヴァンニの蟲は統率力を失い、ジョヴァンニの本体が地面に転がりました!

炎炎ノ消防隊【247話】感想

大災害が近づき、第八消防隊のメンバーは真実に近づきつつあります。そんな中、シンラはアドラに飛ばされていました。

ショウやシスターの姿はないものの、アドラにいることは間違いありません。世界を救う英雄であるシンラ・・・・。

早く戻ってきてほしいですね!

同時に描かれるのは、ジョヴァンニとヴァルカンの戦い。

ジョヴァンニは気持ち悪いので、嫌いです・・・・。真実を語ってくれたので、正直早めに倒してもらいたいのですが・・・。

炎炎ノ消防隊【248話】考察予想

ドラゴンとアーサーの戦いは続いていますが、先に描かれるのはジョヴァンニとヴァルカンたちの戦いだと思います。

天照の真の力を知ったヴァルカンは、どういった行動に出るのか・・・!?

ただ、こんなに簡単にジョヴァンニに勝利できるとは思っていません。

リヒトが参戦し、ヴァルカンとリヒトのコンビが活躍するのか・・・!?もしくは、今いる3人でジョヴァンニを倒しきる可能性もあると思います。

先祖から続く長い因縁に、終止符を打ってほしいですね!

炎炎ノ消防隊【248話】へ

まとめ

この記事では、炎炎ノ消防隊【247話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「炎炎ノ消防隊」のアニメや漫画を1冊無料で読む