Dr.STONE

Dr.STONE【161話】最新話ネタバレ確定&感想|千空動けず!大活躍のゲン!

こんにちは。2020年8月11日発売の週刊少年ジャンプより、Dr.STONE【161話】「CRAFT WARS」を読みました。

160話では、千空はダイラタンシー流体を使い銃弾の勢いを抑えることはできても被弾までは防ぐことが出来ませんでした。

まだ生きている千空を救うために、大樹は医学の知識があるルーナに頭を下げます。

一方偵察組は穴を掘って敵陣に乗り込むことにしますが、千空の科学には頼れないことが分かり、クロムが気持ちを固めます。

それでは、この記事では、Dr.STONE【161話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

Dr.STONE【161話】最新話ネタバレあらすじ

千空が動けない今、敵本陣に向かう地下トンネルを掘るための道具を作れるのは他でもないクロムただ1人です。

やる気を出したクロムですが、少なくとも2週間はかかるだろうと司は言います。

その間ペルセウスでは、敵の出方について話し合われていました。徐々に降伏を促してくると思われる敵も、こちらが降伏しなければいずれ強行手段にでると予想されます。

それがいつかは分かりませんが、龍水は敵に時間をかける方が賢明と思わせるのがいいと提案します。

千空も口パクで意見を言います。時間を作るために、羽京が持っている本物の石化装置をゼノにくれてやるというのです。

早速作戦は実行されました。銀狼は電池切れとはいえ石化装置を敵に渡してしまうことに泣くほど驚き、動揺します。

千空は頭の良いゼノであれば石化装置がとてつもないものであるとすぐに気づくため、そこに追い討ちをかける作戦でいました。

追い討ちをかける人間はもちろんゲンです。

ゲンはすぐに千空の意図を汲み取ると、自分達の科学王国には石化装置が山ほどあるとはったりをかましました。

すでに1度嘘をついているゲンの言うことはすぐには信じられないものの、石化装置が本物だと気づいているゼノは嘘だとも言い切りません。

ゲンは、焦って攻め込めば石化されてしまうと追い討ちをかけます。

ここでゲンは耳を塞がれてどこかへ連れていかれます。

全員移動を開始したようで、ゼノたちは今ブロディが作っている物が完成すれば簡単に千空たちの科学王国を制圧できると話しています。

ブロディは2週間で仕上げて見せると自身ありげに言います。

ゲンが作った時間はお互いのためにもなり、両王国のクラフトが進みます。

羽京の知識を借りて、クロムは敵陣までの距離を算出。ロードマップが完成しました。
クロムは次に穴を掘るための道具を考え出しました。

ドリルと名付けるクロムですが、司も羽京もすでにドリルを知っており、クロムは尻餅をついてしまいます。

Dr.STONE【161話】感想

千空を殺されてはまずいと大樹を科学者に仕立てたゲンが嘘つきだと殺されていなくて一安心です。

そんなゲンが今回も嘘つきを全面に出して活躍。

しかし敵はみんな冷静であるため話に乗ってきません。ルーナがまだ敵のもとにいれば、銀狼のような反応を見せてくれたと思うので少しショックです。

なんの説明もなしに、千空の意図を汲み取り上手く立ち回るゲンのすごさに感動しました。もう少し信頼されていればさらによかったです。

Dr.STONE【162話】考察予想

司が想定した敵陣到着までの最短2週間と、敵が作っている何かしらの武器の完成までの2週間。幸か不幸か同じほどの時間を要するようでした。

敵の作っているものはいったい何なのでしょうか?一気に制圧できると豪語していることから、ミサイルなどの遠距離でも攻撃できるものである気がします。

それこそ、ゼノと千空をつないだロケットです。遠距離武器であれば、司たちが先に到着しなければゼノを捕獲できても仲間たちがやられてしまうことになります。

➡Dr.STONE【162話】へ

まとめ

2020年8月11日発売の週刊少年ジャンプより、Dr.STONE【161話】「CRAFT WARS」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

Dr.STONE

ドクターストーンドクターストーンを読むならU-NEXTがおすすめです。初回31日間無料で登録できる上に、もらえる600ポイントを使用することで、「ドクターストーン」459円を実質無料で読むことができます。

詳しくはこちら▷ドクターストーンを無料で読む方法