Dr.STONE

ドクターストーンDr.STONE【177話】最新話ネタバレ確定&感想!石化装置に変化

こんにちは。ひらりです。週刊少年ジャンプより、Dr.STONE【177話】「MEDUSA MECHANISM」を読みました。

176話では、背後から迫るスタンリーたちの包囲網を抜けるために、千空たちは様々な対策を取りました。司と氷月が撃たれてしまうも何とか追手を撒くことに成功。

しかし、ゼノはスタンリーにモールス信号で何かを伝えていました。

それでは、この記事では、ドクターストーン【177話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ドクターストーン【177話】最新話ネタバレあらすじ

回収された飛行機のエンジンが真っ黒になっていることをブロディに伝えると、ブロディはすぐに砂糖を混ぜられたのだと気づき笑いました。

スタンリーたちはすぐにブロディの指示を仰いで自分たちで飛行機を直し、千空たちを追いかけるつもりです。

敵の無線を傍受し状況を把握している千空たちも、通信でコーンシティの平和とっくにいるニッキーたちに石化装置を解体してからくりを突き止めろと指示を出しました。

千空たちが石化光線の発信地に向かっていることはニッキーたちも知りません。

そのため、とにかく正論を突き付けてブロディに石化装置の解析を頼みます。

目的地には必ず大元の石化装置があると踏んでいる千空は、到着前に構造を把握しておきたいのです。

ブロディは石化装置は自分が管理すると言う条件付きで、石化装置の解析を引き受けました。

とはいえ、解体してもニッキーたちに精密機器のことは分かりません。

高級時計の技師でもいればいい、と思う南たちの言葉を聞き、千空たちが動きました。

技師に詳しかったのは龍水。龍水の情報から地理学者のチェルシーが地図を作製。

更にそれを千空は急遽作成したモールス信号の手動ファックスで杠たちに送ります。

地図を頼りに技師がいる場所を探した杠たちは見つけた人間の石化を解き、時計技師のジュエルを見つけました。

ジュエルに石化装置を見てもらうも21世紀の科学ではないようで、ジュエルはとても集中して石化装置の分解を始めました。

全ての部品がガラスか鉱物で出来ており細かな立体。調べていく内にそれがダイアモンドであることが分かります。

ジュエルは解体していく内に、電池のような役割を果たす部品を見つけ1度取り外して付け直してみました。その時石化光線がジュエルを包み込みます。

ドクターストーン【177話】感想

ゼノのモールス信号の意味が分からないまま、話は進んでいきます。今回の話では「リモートワーク」という言葉が出てきました。

ずっとあった言葉ではありますが、新型コロナウイルスの流行で世間にその言葉が広く浸透したからこそ、今回この言葉が使われたのだと思います。時代を感じました。

新たな仲間として時計技師ジュエルが加わるもまたキャラの濃い男だな、と感じましたが技術は一級品の様で早速石化装置に変化が現れて話が一気に進むと思いわくわくしました。

ドクターストーン【178話】考察予想

完全に分解していない状態で石化装置が復活しました。石化復活液があるため石化しても大丈夫です。

ここから実験台のように石化を繰り返して、解析に進んでいきます。

21世紀の科学ではない物質だけで構成されている石化装置の謎はそう簡単に解けるものではありません。

千空たちが目的地に到着するまでに解析が終わらなければ、スタンリーたちに追いつかれてしまう可能性もあるため、また新たな手を打つ気がしています。

Dr.STONE【178話】へ

まとめ

この記事では、ドクターストーン【177話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

Dr.STONE

ドクターストーンドクターストーンを読むならU-NEXTがおすすめです。初回31日間無料で登録できる上に、もらえる600ポイントを使用することで、「ドクターストーン」459円を実質無料で読むことができます。

詳しくはこちら▷ドクターストーンを無料で読む方法