Dr.STONE

Dr.STONE【162話】最新話ネタバレ考察|一撃必殺!ゼノの科学王国では!

こんにちは。2020年8月24日発売の週刊少年ジャンプより、Dr.STONE【162話】ネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(162話確定はこちら

161話では、クロムは千空に変わり敵陣侵入のための科学の道具を作り始めたものの、司の予想では完成までに最短でも2週間かかることが分かりました。

少しでも敵を足止めしなければいけないと千空の考えで石化装置を敵に送ります。

ゲンのアシストもあり時間を稼ぐことは出来そうですが、その間敵も何やら巨大な物を作っています。そちらも完成まではおよそ2週間です。

Dr.STONE【162話】最新話ネタバレ「ドリル製作に必要な物」

敵陣侵入のために、司たちは現在位置から下に進み、その後は地下を横に真っ直ぐ、そして敵陣内に出るため上に進まなくてはいけません。

クロム制作ロードマップでは、ドリル製作にはエンジンと鉄が必要であり、材料が用意できた後もカセキの力を借りなければドリルを完成させることはできないと書かれていました。

更に通路の補強と酸素の確保も必要です。一気に全てを導きだしたクロムはさすがですが、必要な物がわかったところで、今の場所で作業するのはかなり難しいと思われます。

Dr.STONE【162話】最新話ネタバレ「鉄とエンジン」

今の場所で鉄を加工する場合、加工するための道具を作るところから始めなくてはなりません。

しかし敵からも見えてしまいそうなこの場所で、火を使い煙を出してしまうとばれてしまう可能性があります。

煙に関しては多少離れたところで結局ばれてしまう非常に危険な物です。

となれば小さな鉄を組み合わせる方が安全で手っ取り早いでしょう。問題はその鉄をどこから用意するのか。

ルーナが何か鍵を握っていそうです。エンジンは何かしらの方法でペルセウスから拝借したいものです。

Dr.STONE【162話】最新話ネタバレ「ゼノの科学王国では今」

ゼノの科学王国も2週間ほどで一撃必殺の武器を完成させるつもりです。

ブロディと呼ばれる男が一気に作業を進めてますが、これは遠距離ミサイル出はないかと思われます。

ロケット作りの知識豊富なゼノは、その技術の応用で武器を作り、敵に近づくことなく戦いを終わらせるつもりです。

ブロディが作業してくれている間、ゼノは千空から貰った石化装置の解析を始めます。

電池切れの石化装置ですが、ゼノならば復活の手がかりを掴みそうです。

そうなれば石化の実験台はゲンになってしまうでしょう。大ピンチ到来です。

まとめ

2020年8月24日発売の週刊少年ジャンプより、Dr.STONE【162話】ネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(162話確定はこちら

Dr.STONE

ドクターストーンドクターストーンを読むならU-NEXTがおすすめです。初回31日間無料で登録できる上に、もらえる600ポイントを使用することで、「ドクターストーン」459円を実質無料で読むことができます。

詳しくはこちら▷ドクターストーンを無料で読む方法