Dr.STONE

ドクターストーン203話最新話ネタバレ確定感想|蛍石を大量にゲットした千空は?

こんにちは。ひらりです。

Dr.STONE203話の、前話202話では、到着したバルセロナで龍水が最初に手に入れようとしたのはオリーブオイルでした。

これまでずっと欲しいと主負っていたオリーブオイルを手に入れるとフランソワがスペイン料理を作ります。

現地の人々も復活させ、龍水は欲しい物を次々手に入れて行きます。

それでは、この記事では、ドクターストーン203話「MISSILE HEART」のネタバレ考察とあらすじ・読んだ感想についてまとめました。

ドクターストーン 20巻2021年4月2日にDr.STONE【20巻】が発売されました。20巻を無料でいますぐ読むならU-NEXTがおすすめです!初回31日間無料でサイトを利用でき、付与されるポイントを使えば実質無料で読むことができます!ぜひチェックしてください。無料トライアル

ドクターストーン203話最新話ネタバレ考察「今度こそ蛍石!」

しっかりとした対価を用意したところで、龍水は人を使い始めました。

勿論蛍石採掘のためのマンパワーも必要ですが、現地の人に働いてもらうことで場所を探す手間も省けるのです。

蛍石採集を現地の人に任せている間に千空たちは蛍石を活用するための準備に取り掛かります。

カセキのクラフト技術がとてつもなく向上しているため、滞りなく進んで行くことでしょう。

更に自分たちが出発した後にもバルセロナの人々に続けてもらう仕事も決めなければいけません。

ドクターストーン203話最新話ネタバレ考察「ニューペルセウス号の改良」

ロケットエンジンに超合金と既に文句の付け所もない完成度となっているニューペルセウス号ですが、蛍石入手で更なる改良が加えられるのではないでしょうか?

蛍石そのものを使う可能性もありますし、蛍石を使って加工した金属を使う可能性もあります。

バルセロナまで1週間で到着してしまった最強の船ペルセウス号がどんどん成長していくと、カセキはずっと目を輝かせていそうですね。

ただし、改良のために壊される部分があれば心臓に悪そうな気もします。

ドクターストーン203話最新話ネタバレ考察「異変!カセキの体に!」

全員が石化から復活出来た時、カセキは石化を繰り返すことで自分も皆と共にゴールに向かうことが出来るかもしれないと言っていました。

このセリフに関しては確かに深く考えなければなりません。

カセキはもうかなりの歳であるはず。

いくらムキムキで健康体でも体は限界と言うものがあります。

自分でも知らない病気を患っていた場合先の石化で治った可能性がありますが、これからも新たな病気を発病しないとも限りません。

今はまだ使える石化装置はありませんが、石化装置が完成した後でカセキに何かがあった時、人類は死を越えたことを皆にばらしてでもカセキを助けるのでしょうか。

ドクターストーン203話最新話ネタバレ確定「MISSILE HEART」

蛍石を大量にゲットした千空がカセキに頼んで最初に作って貰ったのはレンズです。

ガラスと比べ超高性能お蛍石レンズにより、超グレードアップした望遠鏡が作られました。

ぼんやりクレーターも見えるほど高性能になった望遠鏡に驚いているゲンやコハクをよそに、カセキはいつの間にかロケットを作っていました。

皆驚きますが、このロケットはまだミニチュア、皆が乗れるサイズではありません。

それでも実物のロケットを目にしたことで、月面に近づいているような気がしています。

本当に月に行くのであれば超高精度の軌道計算が必要と言うことで龍水は地球儀を指さし、次は数学の街インで街づくりを目指すと言います。

しかし今いるスペインからインドに行くまでは大陸を大回りしなければなりません。

想像以上に燃料を消費しているニューペルセウス号では、インドまで今ある燃料では持ちません。

この場に留まり長い時間をかけて燃料を集めなければならないと龍水が言った時、クロムは地球儀に描かれたスエズ運河に注目しました。

スエズ運河を通ることが出来れば距離と時間を大幅にカット出来ます。

しかしパナマ運河同様、塞がっている可能性があり、もし特攻して通れなければそこから動けなくなる可能性があるのです。

龍水はそんな危険な賭けを許しません。

遠くから確認できれば、とクロムが言うと、後ろには望遠鏡を掲げたカセキがいました。

早速凧を改良した気球でチェルシー、千空、龍水が上空に上がります。

これで海図がかけると盛り上がったチェルシーですが、残念ながら頼みのスエズ運河は塞がっています。

しかしもう1度よく見たチェルシーは、スエズ運河を塞いでいるのは大陸ではなく枯れ木のダムであると突き止めました。

近くまで行ってから壊せなかったでは動けなくなってしまうため、20km離れたところから枯れ木のダムを破壊しなければなりません。

そこで登場したのがミサイルです。カセキが作ったゼノのジェットエンジン付きロケットに、ダイナマイトを搭載し操作できるようにしたのです。

ゼノとの共同クラフト第1号ロケットで、千空たちは枯れ木のダムを破壊します。

ドクターストーン203話感想

蛍石を手に入れてすぐに千空たちは次の目的地に行くことになりました。必要なことだけしてどんどん前に進むのですね。

生き生きとクラフトするカセキがとてもかわいかったです。

あっという間に望遠鏡、ロケットまで作ってしまったカセキは、このチームで1番重要な人物なのではないかと思います。

毎回助けられるクロムの閃きによってショートカット出来るようになった千空たちは、すぐにインドに到着するのでしょう。

インドではどんな出会いがあるのでしょうか。

▷ドクターストーン204話へ

まとめ

この記事では、ドクターストーン203話のネタバレ考察・あらすじ、読んだ感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。