ドラゴン桜

ドラゴン桜2【128話】最新話ネタバレあらすじ感想|今日一日を

こんにちは。ひらりです。

2020年12月24日発売のモーニングより、ドラゴン桜2【128話】「今日一日を」を読みました。 

127話では、東大二次試験が迫り受験生が追い込みをかける中、センター試験燃え尽き症候群の天野。 過去問でも英語以外は散々な点数です。

そこで桜木は天野を個室に連れて行くと、お馴染みYouTuberのアフロとレックレスを持参。 この格好で勉強すれば劇的に点数が上がると言うのですが…。

それでは、この記事では、ドラゴン桜2【128話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

最新の「モーニング」を無料で読む

ドラゴン桜2【128話】最新話ネタバレあらすじ

桜木に言われるままにアフロのカツラとネックレスを身に付けた天野。

そのまま数学の過去問を解き始めます。

しかしながら、ほどなくして鬱陶しいと変装グッズを投げ捨てます。

何の意味があるのかと怒りながら、これでは集中できないと思う天野。

その時です。

「集中」というキーワードで天野は一度思いとどまります。

その様子を廊下で見ていた水野。

確かに天野は何事もなく過去問を解いているようですが、これで成績が本当によくなるのか、劇的に変わるのか疑わしいようです。

別室で過去問を解く天野に水口先生も理由がさっぱり分かりませんが、そこに天野は教室に戻ってきました。

2時間目以降は他の生徒たち一緒に過去問を解くようです。

水野に変装グッズを渡す天野は、桜木にもう大丈夫だと伝えるように言います。

天野の成績不振は二次試験ばかりに目をむいていたことが原因だったのです。

桜木は最後の総仕上げの準備をしたと後は水野に任せるつもりです。

水口先生も驚くほど様子が変わった天野は、二次試験ではなく目の前の一日を全力で集中することを誓い問題を解き始めています。

その日の夜。

過去問が終わった生徒たちに、あと30分残るよう指示する水口。

すると教室に現れたのは東大専科で英語を教えていたナベ先生でした。

その独特の風貌に驚く水口たち。

ナベ先生は天野がセンター試験で高得点を取ったことを英語で褒めると、楽しい英会話をしようと笑顔で話しかけ、天野も英語でにこやかに答えるのでした。 

ドラゴン桜2【128話】感想

センター試験後は心ここにあらずの天野でしたが、桜木の機転により気持ちの切り替えが上手くいったようです。

まさに一日一日を「全集中」といった感じでしょうか。

水野に変装グッズを返す天野の表情を見ると、前日までの気の抜けた様子とは一変。水口も驚くばかりの変わりようでした。

今回、天野に感心した点としては、桜木にヒントは与えられた格好にはなりましたが、自力でスランプを脱したところです。

水野の連絡を聞いた桜木もこれには満足の様子でした。

ドラゴン桜2【129話】考察予想

ラストに登場したのは久々のナベ先生。

おそらくは水野に連絡した総仕上げのために、桜木が手配をしたのでしょう。

教室に入るなりいきなり英語で話すナベ先生に対して、英語で答える天野の適応力。

これには他の生徒たちも驚いています。

しかし、天野の過去問の成績を振り返ると確かに散々な結果でしたが、その中で英語は平均並みという描写がありました。

YouTuberとしての動画配信をしてきた成果もありますが、ナベ先生の教えあってということも忘れてはなりません。

東大二次の英語対策として次回は必見です。

ドラゴン桜2【129話】へ

まとめ

この記事では、ドラゴン桜2【128話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「ドラゴン桜2」をお得に読む

完全無料でコミックスやアニメが見られるのはU-NEXT!

▼無料で読むならU-NEXTがおすすめ▼

配信サービス 配信状況 無料期間と月額
U-NEXT

31日間無料
2,189円
600ポイント付与

月額料金 トライアル期間は無料、その後税込み2189円
無料期間 31日間 ➡解約方法はこちら
メリット 雑誌読み放題・映画やドラマも充実・スマホ対応

U-NEXT漫画ランキングこちら

無料トライアル中に解約しても違約金などは発生しません。

\登録は3分程でできます/

さらにさらに動画配信にとっても強いサービスなのでたくさんの見放題作品も豊富に揃っています。

U-NEXTの今話題のアニメこちら

見放題作品は210,000本!!新しい東京卍リベンジャーズや映画公開中のコナンも過去作を配信!見逃せないですね!

初回は31日無料とあれば、絶対損はないですよね

\登録は3分程でできます!いますぐチェック/

週刊少年マガジンやサンデー、チャンピオンヤングマガジンヤングジャンプなども初回のポイントで600円以内なので無料となります。