ドラゴン桜

ドラゴン桜2【127話】最新話ネタバレ感想!SNSとの付き合い方

こんにちは。ひらりです。

2020年12月10日発売のモーニングより、ドラゴン桜2【127話】「SNSとの付き合い方」を読みました。 

126話では、センター試験から気持ちの切り替えが出来ない天野。 桜木も水野に天野の行動を細かくチェックしろと指示をします。

普段よりハイテンションで動画を上げる天野がついにアンチの目に止まりました。 激しい始まる批難合戦にSNSは大荒れとなります。

それでは、この記事では、ドラゴン桜2【127話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ドラゴン桜2【127話】最新話ネタバレあらすじ

水野の悪い予感は的中しました。

天野の点数が悪いのです。

桜木もある程度は予想していたようで、センター試験で目的を達成した受験生には、脱力感や焦燥感が起こりやすい傾向があります。

しかし、天野の場合はメンタルとは違うと断言する桜木は、別に対策を講じているようで、

明日以降に劇的に変えてみせる自信があるようです。

桜木は水野が作成したプリントを見つけます。

SNSとの付き合いを注意喚起するための資料だと水野は説明をしますが、その資料を破り捨てる桜木。

SNSに対しての説明は不要だとたった一言。

とっととやめろ!

合格発表が終わるまで、早く遮断しろと伝えれば長々と説明はいらないと言うのでした。

言いつけを守れないでSNSを続けて受験に失敗するのは、所詮はその程度の実力しかない生徒は東大を受験する資格すらないと厳しい態度です。

天野がネット上でアンチから攻撃を受けたことを桜木に報告する水野。

桜木もその件は承知していますが、以前天野に対して図太いと言ったこともあり、案外ケロッとしているとさほど心配はしていません。

続いて水野は天野と早瀬がギクシャクしていることも連絡しますが、桜木は問題視していません。

授業が始まる前、昨日のテストを渡される天野。

英語以外は酷い点数です。

頭を抱える天野を個室に連れていく桜木。

すると持っていた袋からアフロのカツラとサングラスを天野に手渡します。

YouTuberの姿に変身した天野。

今日一日その格好で過去問を解けば信じられないくらい点数が伸びると、自信満々に桜木は語るのでした。 

ドラゴン桜2【127話】感想

憂鬱な表情をする天野に、こちらも陰気な雰囲気になりそうです。

天野ウォッチは欠かせないと話す桜木に、田村先生たちは天野がYouTuberとなり毎日動画をアップしていることや、まして、それを勧めたのは桜木であることは知らないからです。

SNSへの付き合いは、やめてしまえて一言だけ。

「グラゼニ」でも甘ガキ隊がSNSへの対応に一喜一憂していたエピソードもあり、改めて当たり前のように日常に存在するアイテムであることを実感します。 

ドラゴン桜2【128話】考察予想

以前に受験本番に普段通りの実力を発揮するには、日常と受験日を同化することだと話していた桜木たちでしたが、天野への対策は一人で過去問を解かせたこと、YouTuberの格好という普段とは程遠い姿をさせてしまいました。

3つの約束のうち桜木が自ら2つの決まり事を破りはしましたが、今回については緊急的なものとして仕方ないと解釈すべきでしょう。

もし、天野が劇的な点数を取ったとしても、写真確認でカツラは取らされるはずなので、この後で桜木が天野をどう自信つけていくか気になります。

ドラゴン桜2【128話】へ

まとめ

この記事では、ドラゴン桜2【127話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「ドラゴン桜2」の漫画を1冊お得に読む