DAYS

デイズDAYS【372話】最新話ネタバレ感想|最後の最後、試合を決めたのは!

こんにちは。ひらりです。2020年12月9日発売の週刊少年マガジンより、デイズDAYS【372話】『僕の一番』を読みました。

371話では、逆転ゴールを決めたつくしですが、試合はまだ終わっていません。両校の攻防は続き、これで本当のラストプレー・・・。

風間が足を伸ばして防いだ犬童のシュートは、高々と空中に上がりました。そのボールの下に建っているのは、つくしと成神。この2人に、ラストプレーは委ねられます。

それでは、この記事では、デイズDAYS【372話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

デイズDAYS【372話】最新話ネタバレあらすじ

聖蹟のゴールまで、高々と上がったボール。

つくしと成神は、同時にジャンプします。

その結果・・・競り勝ったのは成神。

頭でボールを落としました。

まだプレーは続行となり、成神は態勢を立て直してセカンドボールへ・・・。

しかし、その成神をつくしは完璧にブロックします。

身体を張って、ボールをクリアーするつくし。

空中に浮いたボールは・・・・犬童の頭上を越えようとしていました。

目に涙を溜め、ボールを見守っている成神。

そんな成神に、犬童は表情でメッセージを送ります。

泣くな、蹴治・・・。

十分楽しんだと、犬童は満面の笑みを見せるのでした。

ボールは犬童の遥か上空を越え、桜高サイドへ・・・。

このつくしのクリアーによって・・・試合終了のホイッスルが鳴り響きます。

結果は、3-2で聖蹟の勝利!!

夏のインターハイで聖蹟に勝利した桜高ですが、ここでは聖蹟がわずかに勝ったのです!!

勝利に沸く聖蹟ベンチに、泣き崩れる桜高。

スタンドで見守った観客たちも、それぞれの思いを胸に秘めていました。

この試合のMVPが検討され、文句なしである人物が選ばれています。

そんな中・・・仰向けに倒れ、空を見上げているつくし。

今、頑張って良かったと心から感じています。

そんなつくしに手を伸ばし、お前がMVPだと風間が声をかけました。

意味が分かっていないつくしを見て、つくしにとっては価値の薄いものだと話す風間。

整列しながら、つくしは多くの人々への感謝を感じます。

泣き崩れる成神とも挨拶をし、ベンチに引き上げる途中・・・。

つくしは、風間と出会った日のことを話しました。

互いに、あの日を最高の日だったと感じているつくしと風間。

口には出さないものの、つくしは心の中で確信します。

感謝することの中でも1番は・・・風間と出会えたこと・・・。

デイズDAYS【372話】感想

遂に、聖蹟は桜高に勝利しました!!最後の最後、試合を決めたのはつくし。

決勝点も、粘る桜高に止めを刺したのもつくしです!!今回のMVPは、満場一致で決まる訳ですね。

仲間たちの様子も、風間とのやりとりも本当に感動的でした。やはり、風間とつくしは最高のコンビですね!

決勝点も、この2人のパスから生まれたゴールです。

しかし、気になるのは次話・・・。タイトルが、〝最後のロッカールーム〟になっています。

この試合で最後と決めているつくし。次回が、最終回なのでしょうか!?

デイズDAYS【373話】考察予想

次回のタイトルは、〝最後のロッカールーム〟。ここで、つくしは引退を口にすると思います。そうなると、このDAYSは終了してしまうのか・・・!!?

しかし、連載終了までのカウントダウンはありませんでした。これは、続くと期待していいと思います!

というより、そう強く願います!!

つくしと風間は、まだ1年生。ここから、まだまだ物語が続いてほしいですね。

ただ、この作風からダラダラとした連載はしない可能性も感じているのは事実。終わるのであれば、最高に感動するラストを期待します。

DAYS【373話】へ

まとめ

この記事では、DAYS【372話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「DAYS」の漫画を1冊無料で読む