ダーウィン事変

ダーウィン事変【3話】最新話ネタバレ感想!生物学上の母親

こんにちは。2020年8月25日発売のアフタヌーンより、ダーウィン事変【3話】「KALEIDSCOPE EYES」を読みました。

2話では、ALAのヴィーガンテロが起きてしまったせいで、学校でのチャーリーへの風当たりはこれまでよりも強くなっていました。

家族やルーシーはチャーリーが無理して学校に来る必要はないと言うも、チャーリーは学校に行きたいと言っています。そんな時、ALAがルーシーと接触してしまいました。

それでは、この記事では、ダーウィン事変【3話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ダーウィン事変【3話】最新話ネタバレあらすじ

ルーシーとぶつかったアフリカ系アメリカ人の男性は、自らコーンバーグ研究所に勤めるマックスと名乗りました。

マックスはチャーリーの話を聞きたいと言いますが、ルーシーはその場を去ろうとします。すると、マックスはルーシーの名前を呼び、ヒューマンジーが存在する理由を問いかけました。

名前を知られていることにルーシーが不信感を抱くと、ニッコリと笑うとマックスは自転車に貼ってあるステッカーが名前なのだと思ったと答えます。

ダーウィン事変【3話】ルーシーが感じるチャーリーの存在

マックスはルーシーがチャーリーと話していたところを見たことがあって声をかけたのだと打ち明けました。

まだ不信感を抱いたままのルーシーはコーンバーグ研究所について尋ねると、マックスはチャーリーが検診を受けている場所だと答えます。

そして、最近不調気味のチャーリーが学校生活やテロ事件でストレスを感じているのではないかと聞いてきます。

ルーシーはチャーリーの立場は悪いがストレスは感じていなさそうだと答えました。

そして先ほどの質問の意味を問います。

マックスは笑いながら、ルーシーが感じるチャーリーの存在について聞いただけだと言います。

ルーシーは、コウモリのように、知らない世界の見え方を教えてくれる存在だと答えました。

ダーウィン事変【3話】万華鏡の目

マックスは笑うと意見をくれたルーシーに感謝をして、ルーシーが「万華鏡の目」をしていると言って去っていきました。ルーシーにはその意味が分かりません。

ルーシーはすぐにチャーリーにマックスのことを聞くも、チャーリーはマックスのことを知りませんでした。しかし、コーンバーグ研究所に行っていることは事実だと言いました。

チャーリー宅では、スマホをずっといじっているチャーリーにバートが疑問を抱いていました。

誰と会話をしているのかと聞くバートに、チャーリーは友達のルーシーだと答えました。

友達が出来たことにバークが喜ぶも、ハンナはルーシーが本当に人間なのかと疑いを持ちます。チャーリーは、人間の雌だと答えました。

ダーウィン事変【3話】コーンバーグ研究所

震えるハンナは大喜びでチャーリーの肩を掴むと、ルーシーの詳細ややり取りの内容を聞こうとしますがすぐに我に返ります。

チャーリーにもプライバシーがあると言って今の質問をなしにしようとしますが、チャーリーは一切の躊躇なくスマホを見せてくれるのでした。

そうなるとすぐにルーシーはチャーリーの家族とも会うことになります。まずは、バート、チャーリーと共にコーンバーグ研究所を訪れたルーシーは、所長のファウラーに挨拶します。

チャーリーの研究が終わるまで話をする3人の話題はマックスのことです。

ファウラー曰く、マックスと言う名の職員は実在したものの、チャーリーとの接触はなく、アフリカ系でもないと言います。

ダーウィン事変【3話】チャーリーの反応

始めからマックスが嘘つきだと思っていたルーシーは納得し、マックスもルーシーが疑っていることに気づいていたと言います。マックスの正体は分かりませんが、バートは警察に報告しておくことにしました。

バートが今日のディナーにルーシーを誘った時、ちょうど検診を終えたチャーリーが戻ってきました。

ルーシーはハンナに会える喜びをチャーリーに伝えるも、チャーリーはいつものように興味のない反応を示します。

ダーウィン事変【3話】生物学上の母親

その様子を見たファウラーは、「エヴァ」に会わないかとチャーリーに提案します。バートも大賛成の中、少し間を開けてチャーリーが同意します。

ルーシーがエヴァのことを聞くと、チャーリーは「生物学上の母親」であると答えました。

とある部屋、ガラスの板で仕切られた向こう側にチンパンジーエヴァが姿を現しました。ルーシーはチャーリーの生みの親が生きていることに大きな衝撃を受けています。

バートは15年前に瀕死のエヴァからチャーリーを帝王切開で取り上げたことを話します。

バートがいなければどちらの命も奪われていたほどの危ない状況だったようです。

チャーリーは久しぶりにエヴァと顔を合わせたようですが、ただ単にチャーリーを生んだだけだとエヴァに興味を持っていません。

ダーウィン事変【3話】失踪した理由

ファウラーはエヴァについてルーシーに話し始めました。エヴァは普通のチンパンジーとは違う、天才だとグロスマン博士は突き止めたようです。

エヴァに興味を持ち、エヴァに入れ込んだグロスマン博士は、ついにエヴァとの間に子供を作ってしまったのです。

ルーシーの頭に、マックスがしたヒューマンジー存在の理由への問いが浮かびました。そしてグロスマン博士がどうしてヒューマンジーを生み出そうと思ったのか、と口に出してしまいました。

失踪時に全てのデータを消し、もともと人前にあまり出なかったグロスマン博士が何を考えていたのかはファウラーも分かりません、そもそも失踪した理由すら分からないのです。

ダーウィン事変【3話】エヴァの瞳

ルーシーは頭のいいエヴァに聞けばいいとひらめきますが、エヴァは瀕死になった際に普通のチンパンジー以下にまで認知能力が衰えたとファウラーは言います。

余生はチャーリーも近くにいるこの場所で安楽に暮らしてほしいとバートは言うも、チャーリーはエヴァがチャーリーを息子だと分かっていないと思うと冷たい発言をして早く帰りたがっています。

帰ることにした時、エヴァはカードを取りました。1、am、w、03、Nの5枚のカードを並べたエヴァ。

しかしファウラーはこのカードに意味はないと判断しました。しかし、ルーシーはこちらを見つめるエヴァの瞳がずっと気になっていました。

ダーウィン事変【3話】完璧な生き方

チャーリー宅にて楽しい食卓を囲むルーシーの横でチャーリーはひたすら口に食べ物を運んでいます。ハンナはルーシーに興味深々で、チャーリーの学校生活について聞きます。

ルーシーは正直に、もともと強かった風当たりがテロ以降ひどくなったと答えました。悲しそうにするハンナ。

ルーシーは逆にバートとハンナに質問します。それはルーシーもヴィーガンになるべきか、と言う質問です。

ヴィーガン料理は健康よりも「正しさ」が重要であると言うルーシーの誤解を解くように、ハンナは意見を押し付けることはしないと焦りながら答えますが、バートは落ち着いたままの口調で、ヴィーガンになった方がいいと答えます。

それはバートたち個人がどう思うかを聞いたルーシーの意図をくみ取っての発言です。完璧な生き方はないが、ましな選択肢はあるからこそヴィーガンを進めるとバートは言います。

ルーシーはヴィーガン=完璧な生き方を示すのではないか、とさらに質問しました。

ダーウィン事変【3話】チャーリーの部屋

バートは、それはないと答えます。農作物を作る過程やその他の生産物を作る上で、動物の犠牲は0にはできないからです。

だからこそ、ヴィーガンだとしても加害者であり、人を裁く権利などないのだとALAの活動を否定します。

ルーシーは人間が皆加害者であるならばヴィーガンという考え自体無駄だとさらに追及します。

ハンナは何も言えませんが、笑うバートはそれは極端な考え方だと言います。いい人でないならば悪い人と言うわけではないのです。

単なる一般人だとバートが言うと、チャーリーは自分も一般人に入るのかと聞きました。チャーリーの突然の質問に皆は大爆笑。

ルーシーは踏み込んだ質問を謝ると、ヴィーガンへの認識が変わったと伝えます。

その後普通の男の子と同じであるチャーリーの部屋を見るためにルーシーはチャーリーの部屋に移動します。その様子を見ている男たちがいました。ALAです。

マックスはチャーリー以外全員を殺しすように指示を出します。ALAのメンバーも感情的には殺したくありませんが、チャーリーを目覚めさせ、ALAという居場所に連れてくるためには十分な孤独が必要なのだとマックスは言います。

目的のため、少佐とミンスは覆面をかぶりチャーリーの元へ向かっていきます。

このお話が掲載されている「アフタヌーン」を『チェック』する

ダーウィン事変【3話】感想

第3話も大満足の内容でした。ルーシーは誘拐されてそのまま人質になってしまうと思っていましたが違っていました。

ルーシーにとってとても楽しい1日が終わろうとしている中、危険が迫ります。4人の無事を祈るしかありません。

マックスを名乗る男の不気味さはその目からにじみ出ています。偽名を使っている不自然からも、この男はグロスマン博士とつながっているように思います。

グロスマン博士の狙いが何だったのか今回1番気になった部分でした。

ダーウィン事変【4話】考察予想

悲劇の時が迫ります。チャーリーは人の気配に気づいていそうなものですが、動くかどうかはまた別の話です。

しかし、チャーリーを甘く見ているALAを容赦なく叩き潰してほしいのが本音です。ここまでチャーリーを育ててきたバートとハンナ、そしてせっかく友達になったルーシーには死んでほしくありません。

そもそももしも犠牲が出たとしてもチャーリーは動くのでしょうか。チャーリーは感情で動くような人物ではないと思います。

ダーウィン事変【4話】へ

まとめ

2020年8月25日発売のアフタヌーンより、ダーウィン事変【3話】「KALEIDSCOPE EYES」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

このお話が掲載されている「アフタヌーン」を『チェック』する