男子高校生を養いたいお姉さんの話

男子高校生を養いたいお姉さんの話【247/248話】最新話ネタバレ感想!

こんにちは。ひらりです。2020年12月9日発売の週刊少年マガジンより、男子高校生を養いたいお姉さんの話【247話】『要注意人物』【248話】『実予算』を読みました。

246話では、実の気持ちを考えず実は頑張っても報われないと思っている詩織に実が珍しく怒ってへそを曲げてしまいました。

実の機嫌を直そうと奮闘する詩織ですが、実が駄目になっていくことが詩織の本望であるとばれてしまい、失敗に終わりました。

それでは、この記事では、男子高校生を養いたいお姉さんの話【247/248話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

男子高校生を養いたいお姉さんの話【247話】最新話ネタバレ『要注意人物』

まだまだ怒っている実は詩織に冷たくしてみるもそっけない実もかわいいと詩織は泣いて喜び、怒っている意味がないことに実も気が付きました。

怒っていることが馬鹿らしくなったところで、いつも養ってくれている詩織に怒るのは違うと気づいて実も謝りました。

詩織にとっては怒っている実を見られただけで儲けものだったので、謝る実にお礼を言ってしまう始末。

実は、受験は大変だが頑張るから詩織には信じて見守っていてほしい、とまあっ直ぐに伝えます。

実の意思を理解した詩織は、真剣に頑張る実のために不正はしないと誓います。

そして万が一の時に備えて用意していたものを処分することにしました。

お金、ロープ、釘バット、スタンガン・・・。それを見て実は、これからは適度に詩織を怒っていくことにしました。

男子高校生を養いたいお姉さんの話【248話】最新話ネタバレ『実予算』

実の誕生日が過ぎていることを思い出して祝ってくれる冴恵は、詩織からのお祝いがなかったことを意外に思っています。

実は今年は勉強に集中したい実の頼みで、お祝いはなしにしてもらったのです。

そのことを冴恵に話している実ですが、近くの茂みから詩織が朗報(嫌な予感)をもって飛び出してきました。

実の勉強専用部屋が用意されました。

今回は賃貸ですがまた詩織がお金を使ったことを怒る実。詩織にとっては怒られることも幸せです。

言い訳をすると、不正の禁止、誕生日のお祝いなしによって実予算が余ったわけです。

持っているお金の6割強を不正に利用する予定だったため、とてつもない大金が行き場を失っていました。

部屋を借りるという無駄遣いの理由を知った実に、詩織は無駄遣いではないと伝えます。

なぜなら実が家にいない間、詩織も実を支えられるように勉強すると言うのです。そして支え合う生活がスタート。

初めての模試を迎えると、詩織はA判定をたたき出し実の成績を軽く超えていきました。実パワーで成績アップ。

男子高校生を養いたいお姉さんの話【247/248話】感想

第247話ではお早い仲直りとなりました。しかし今回怒ったことをきっかけにして実は詩織に怒ることが出来るようになったため関係には変化があったと言えます。

詩織が不正のために用意していたものの実態が気になる話でした。

第248話では、実予算よりもラストの詩織の成績のことが気になりました。

ここでもまた実は頑張っても報われないことを突き付けられたのではないでしょうか。やはり実に必要なものは適度なご褒美だと思います。

男子高校生を養いたいお姉さんの話【249話】考察予想

喧嘩編も終了でまた迫る受験。家庭教師の話も一度は出ていましたが、詩織が教えた方が早いことが分かりました。

問題は、詩織が先生だった場合実が勉強に集中できなくなってしまうと言うことです。

受験が近いのにいつまでそんなことを言っているのだ、と説教したくなりますが大好きな人が近くにいると仕方がないです。

ここで冷静な冴恵、松岡が革新的なアドバイスをくれて、勉強に集中できるようにならないかと切に願っています。

男子高校生を養いたいお姉さんの話【249/250話】へ

まとめ

この記事では、男子高校生を養いたいお姉さんの話【247/248話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。