ダイヤのA actⅡ

ダイヤのAactⅡ【232話】最新話ネタバレあらすじ感想|天久VS倉持

こんにちは。ひらりです。2020年11月4日発売の週刊少年マガジンより、ダイヤのAactⅡ【232話】「自分の形」を読みました。

231話では、3回の青道はトップの結城が三振しますが、次の金本がフト線へのツーベースヒットを放ちました。 次の沢村は送りバントの構え。

初球は失敗するものの、後は頼りになる先輩が何とかしてくれると何とか成功。 ツーアウト3塁で打順はトップの倉持に回りました。

それでは、この記事では、ダイヤのAactⅡ【232話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ダイヤのAactⅡ【232話】最新話ネタバレあらすじ

倉持の応援歌トレインが鳴り響く神宮球場。

ゴロが転がれば内野安打の可能性がある倉持の足。

三高にとっては、ランナー三塁の場面で一番迎えたくない相手です。

内野安打を避けるためには三振しかないと、初球にスライダーを投じる天久。

しかし、倉持はこの球をファールにします。

倉持は1打席目と違い最初からすり足で打席に入っています。

これが青道の二巡目かと危惧する三高ベンチ。

今のスピードでバットを短く持ち直したかと確認する天久。

しかし、倉持のグリップエンドはそのままです。

こいつも野球星人かと2球目を投じる天久でしたが、判定はボール。

150km/hの表示に観客も驚きます。

次の3球目はインコースの真っすぐ。

倉持のバットはこのボールにも反応してファールとなりました。

カウントは、これで1-2。2球目のインローはこのための布石。

注目の4球目はバックフットスライダーです。

一方、どんな形であれ今は結果が欲しいと執念のバッティングをする倉持。

打球はセカンドゴロですが、倉持は俊足です。しかし、塁審の判定は紙一重ですがアウト。

青道の先取点はなりませんでした。

今までならばインコースは空振りのはずがと、警戒を強めるバッテリー。

一方の倉持はアウトの判定に、くそったれと悔しさを爆発させます。

しかし、御幸はこのアウトが後に生かされるかもと悲観することはなく、片岡監督もその思いは同じです。

3回を終了して、得点は0対0。

気持ちを切り替えた沢村は守備モードだと、元気よくマウンドに向かいます。 

ダイヤのAactⅡ【232話】感想

今回はガッツリと天久VS倉持の見ごたえある対決でした。

すり足から入る倉橋の慎重さに、三高も青道にイージーなバッターはいないと気の休まることがありません。

対する天久は倉橋にゴロを転がされたら厄介だとあくまでも三振狙い。

俺の球は打てないだろうという投手特有の傲慢さが、バットを短く持ったかと確認させます。

最後は惜しくもアウトに倒れた倉持。

手書き文字が倉持の悔しい感情を表しているようです。

しかし御幸も片岡もこのアウトには希望を持ち、落合に至っては武者震いさえ起こしています。 

最新の「週刊少年マガジン」を無料で読む

ダイヤのAactⅡ【233話】考察予想

準決勝の序盤は、両チームとも得点のチャンスを活かすことが出来ずにともに無得点で終わりました。

立ち上がりに不安のある沢村と、スロースターターの天久でしたが、前評判を覆す好投ぶりでした。

沢村は140㎞/hの自己最速を投じれば、天久は150㎞/hとまさにプロ並みの球速。

試合はこのまま投手戦の可能性が高そうです。

青道はこの試合を降谷との継投策で考えているようですが、沢村の調子がなまじ良過ぎると投手交代のタイミングが逆に難しくなりそうです。

ダイヤのAactⅡ【233話】へ

まとめ

この記事では、ダイヤのAactⅡ【232話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「ダイヤのAactⅡ」を1冊無料で読む