ダイヤのA actⅡ

ダイヤのAactⅡ【231話】最新話ネタバレあらすじ感想|俺の役目 

こんにちは。2020年10月28日発売の週刊少年マガジンより、ダイヤのAactⅡ【231話】「俺の役目」を読みました。

230話では、準決勝の大舞台で初めて球速140㎞/hを出した沢村は、電光掲示板を見ながら表情は緩みっ放しです。

しかし、そのピッチングが緩むどころか、増々調子を上げてきます。 三高の攻撃を三者三振に仕留める沢村。 天久の調子も考えると、この試合は1点を争う投手戦になりそうです。 

この記事では、ダイヤのAactⅡ【231話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「ダイヤのAactⅡ」のアニメや漫画を1冊無料で読む

ダイヤのAactⅡ【231話】最新話ネタバレあらすじ

バッタボックスは7番結城。

1年生ながらも思い切りの良いスイングで、天久の球にファールで食らいつきます。

投手戦で怖いのは何といっての一発です。

結城は9打数2安打ですが、その安打がいずれもホームラン。

片岡監督の期待が込められてのスタメンです。

投げる天久は今のファールがバットの先端だと確認すると、これならどうだとスピード1割減の外側に逃げる変化球。

天久の思惑通りに勇気のバットは届かず空振り三振に倒れました。

これでワンアウト。

この回の攻撃前に監督は選手たちに天久の攻略法を語っていました。

ゾーンで変化するスライダーに、時折織り交ぜてくる緩いカーブ。

この2つに惑わされず、いかに甘い球を捉えることが出来るか。

どんなに良い投手でも、9回も投げていればどこかにムラが生じます、

そのプレッシャーをかけ続けるのが青道の野球だと言うのでした。

8番の金本はベルトより上のボールを狙うつもりです。

あくまでも愚直にストレートだろうと、油断したのか天久の球は思わず力が緩んでしまいました。

この甘い球を見逃すことなく金本はレフト線へのツーベースヒットを放ちます。

次のバッターの沢村は、早くも送りバントの構え。

ツーアウトになってもランナーを進める作戦の青道ですが、次は牽制でアウトになったとはいえ初回ヒットの倉持です。

後は頼りになる先輩が何とかしてくれると、天久の2球目を1塁線に送りバントを決めた沢村。

ツーアウト3塁。バッターはトップの倉持に回りました。 

ダイヤのAactⅡ【231話】感想

ドカンと一発やってみよう~と、真心ブラザーズの甲子園ではお馴染みの応援ソング。ホームランか三振かの結城らしいセレクト曲です。

結局はやはり三振でしたが、思い切りが良過ぎたか、ベンチに引き上げる結城のヘルメットはズレるほどの勢いのようでした。

しかし、せっかく結城をアウトにしたにもかかわらず、気が抜けたのかあっさりヒットを打たれる天久でしたが、それでも観戦する真中は大丈夫だと言いきります。

その証拠にバントの達人である沢村に成功こそさせましたが、初球は失敗させるほどでした。

ダイヤのAactⅡ【232話】考察予想

1点勝負予想される中、ランナー3塁という先取点のチャンスに立つ倉持。沢村が先輩ならば何とかしてくれると、最後はきっちりとバントを決まりました。

天久のボールはバントしにくい動きをしますが、沢村ならばきっとやってくれると、チームメイトのバントに関する評価は相変わらず高いようでした。

倉持自身としては、牽制アウトのお返しは必須と思ってか、いつもより鋭い目つきです。

対して天久もいきなりヒットを打たれた相手だけに、二打席目は打ち取る気満々でしょう。
次回は序盤の山場になりそうです。

ダイヤのAactⅡ【232話】へ

まとめ

この記事では、ダイヤのAactⅡ【231話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「ダイヤのAactⅡ」のアニメや漫画を1冊無料で読む