ダイヤのA actⅡ

ダイヤのAactⅡ【230話】最新話ネタバレあらすじ感想|球速140㎞/h

こんにちは。2020年10月21日発売の週刊少年マガジンより、ダイヤのAactⅡ【230話】「Record」を読みました。

229話では、青道の2回の攻撃は4番の御幸からです。 プロが注目する天久とのガチ対決。 最後はインコースを御幸が見送りの三振です。

しかし、天久は淡々と次の前園に情報伝達する御幸の様子が気に入りません。 それは攻守交代してバッターボックスに立っても同じ感情でした。 沢村の得意球を投げないリードをする御幸に対して、天久は青道の親玉だと思うのでした。

それでは、この記事では、ダイヤのAactⅡ【230話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

最新の『週刊少年マガジン』を無料で読む

ダイヤのAactⅡ【230話】最新話ネタバレあらすじ

三高の攻撃は、先頭打者の天久が既に2ストライクと追い込まれています。

勝負の3球目は外角への新球種ナンバー9を投げた沢村。

自分には新球を見せるまでもないと、御幸がザコ扱いしていたと思っていた天久は予想外の空振り三振です。

ここで新球を投げるリードをするのが、青道バッテリーの頭脳である御幸だと感じる天久。

次は9番のセカンド宮本です。

沢村の得意球であるストレートを活かした投球を心がける御幸。

球速は139㎞/hを示します。

空振りをしながらも踏み込んできたスイングに、甘い球は禁物と自分に言い聞かせる沢村の投球は続きます。

追い込まれた宮本は、粘るしかないと思いましたが三振で2アウト。

沢村はついに球速140㎞/hを表示しました。

これみは味方の応援席ではざわめき、ワシの孫かと観戦する沢村の祖父まで驚き、当の沢村は電光掲示板をずっと眺めています。

御幸が次のバッターは1番に回ると声をかけますが、振り向いた沢村は勿論ご機嫌の表情です。

三高の1番:千丸は、第一打席では初球しか投げさせてもらっていないため、追い込まれるまでは甘い球以外は手は出さない方針です。

沢村の初球はアウトコールへ綺麗に決まり1ストライク。

甘い球がくればスイングGOの指示が飛ぶ中、2球目のチェンジアップはファール。

しかし、最後はインコースの空振り三振に沢村は仕留めました。

沢村の投球内容を凄いと思いつつも、自分が先に潰れるワケにはいかないと、マウンドに向かう天久。

どうやら試合は我慢比べになりそうです。

ダイヤのAactⅡ【230話】感想

下位打線からとはいえ、競合打線を三者連続三振という圧巻のパフォーマンスを示した沢村。

しかも3球三振です。沢村のボールにバットを当てたのは、1番の千丸だけという文句のつけようがありません。

ベンチに戻る沢村のピッチング内容に、観客たちがざわつくのも納得です。

今回のタイトルは、自己最高速を投じた沢村についてのようでした。御幸に注意されつつも、やはり140km/hの壁を超えれば沢村でなくても投手は嬉しくなるものです。

ダイヤのAactⅡ【231話】考察予想

立ち上がりに難ありと思われた沢村ですが、序盤の3回までを0点に切り抜けました。

沢村の好調ぶりもありますが、やはり得意球を上手に引き出すリードをする御幸の存在を忘れてはいけません。

天久が一目を置くだけの選手です。

一方、スロースターターの天久も1、2回を3人で切るなど、青道打線に付け入る隙を与えません。

以前のエピソードで青道の落合コーチは、3点以内の勝負を予想していましたが、このまま両投手の好調が続けば、1点勝負の展開もありそうです。

また、エースの重圧を知る真中の胸中も気になります。

ダイヤのAactⅡ【231話】へ

まとめ

この記事では、ダイヤのAactⅡ【230話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

『ダイヤのA』のアニメや漫画を1冊無料で読む