ダイヤのA actⅡ

ダイヤのAactⅡ【223話】最新話ネタバレ感想|決戦の朝!チームの選択

こんにちは。2020年8月26日発売の週刊少年マガジンより、ダイヤのAactⅡ【223話】『チームの選択』を読みました。

222話では、青心寮に訪ねてきたのは、昨年の卒業生。去年のエースである丹波は、川上の異変に気が付き・・・受診することを勧めます。

病院から帰ってきた川上には、念のためドクターストップがかかっていました。しかし、川上は壊れてもいいから、ブルペンに入ると言い始め・・・。

それでは、この記事では、ダイヤのAactⅡ【223話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ダイヤのAactⅡ【223話】最新話ネタバレあらすじ

7月26日。

時刻は、朝の5:30。

遂に・・・準決勝の日がやってきました。

早朝から身体を動かすのは、栄純と降谷、御幸の3人。

3人は気合を入れ、会場へと向かいます。

明治神宮球場に到着した選手たち。

準決勝の第1試合は青道vs市大三高。

第2試合は紅海菅田vs稲城実業となっています。

今は両チームの主将が集まり、じゃんけんで攻守を決めていました。

勝ったのは・・・まさかの御幸!!

御幸は後攻を選択します。

じゃんけんの結果を聞き、盛り上がるのは青道ベンチ。

ここで、すべての運を使い果たしたのかと心配しているのです。

そんな冗談を言う選手たちの横で、落合コーチは頷いていました。

なぜなら・・・リリーフがいない今日の試合・・・。今朝、試合前最後のミーティングを行った青道高校。

そこで、片岡監督は川上について話します。

川上は・・・今日の試合、ブルペンにも立たせない・・・。

壊れてもいいと進言した川上に対し、片岡監督は身体を優先するよう話していたのです。

検査の結果が確定するまでは、無理はさせられない・・・。それが、片岡監督の判断でした。

気温は既に30℃を超え、予報通り暑さを増しています。ベンチ前に両チームの選手が集まり、試合の開始が迫っていました。

相手ベンチの前にには・・・市大三高のエース、天久の姿・・・。

栄純は天久と目が合い、手に力が入っています。

そんな栄純を見て・・・。

初球から、新球のナンバー9を使うか?と尋ねる御幸。

話を聞いた栄純はニヤリと笑い・・・・少しリラックスするのでした。

ダイヤのAactⅡ【223話】感想

川上の症状が分からない状態で、やはり片岡監督は投げさせないという選択をしました。
今まで、教育を第1としてきた片岡監督。

栄純と降谷がいる以上、当然の考えだと思います。川上は不満を隠せないようですが・・・ここは従うしかありませんね。

甲子園に行くことを考えれば、川上も我慢するしかないと思います。

一方、川上のリリーフがないということで、栄純には想定外のプレッシャーがかかることとなりました。

後攻をとって喜ぶ落合監督の心理は、リリーフの不在を考えてのことです。逆に、エースの力の見せどころ!!

栄純の好投を期待します!!

ダイヤのAactⅡ【224話】考察予想

ついに、市大三高との試合が始まります。シードを獲得している青道は、ここまで危なげない戦いで勝ち進んできました。

しかし、ここが大きな関門であることは間違いありません!!稲実、薬師、市大三高・・・。

この3校に青道を含めた高校が、西東京では間違いなくトップ4なのです。

その一角である薬師を倒し、勢いに乗る市大三高・・・。甲子園に行くための、最大の壁になってもおかしくありませんね!

序盤は、投手戦になると予想します。

天久も気合が入っているでしょうし、栄純はそれ以上に気合が入っています。とにかく初回、抑えて欲しいですね!!

まとめ

2020年8月26日発売の週刊少年マガジンより、ダイヤのAactⅡ【223話】『チームの選択』のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

『ダイヤのAactⅡ』のアニメや最新刊を無料で読む