ダイヤのA actⅡ

ダイヤのAactⅡ【235話】最新話ネタバレ感想|勝利を確信!先取点は市大三高

こんにちは。ひらりです。2020年12月2日発売の週刊少年マガジンより、ダイヤのAactⅡ【235話】「Step On」を読みました。

234話では、エラーで出塁したランナーを2塁に背負う沢村。 三高のバッターは二塁打を打った星田を迎えます。

エラーは誰でもあり得るもの。 しかし、その失敗を帳消しにするのがエースの理想像だと掲げる沢村は、御幸の好リードもあり星田を三振に仕留めます。 

それでは、この記事では、ダイヤのAactⅡ【235話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ダイヤのAactⅡ【235話】最新話ネタバレあらすじ

最後はアウトコースへの変化球。

4番の星田を三振にして鼻息の荒い沢村。

これでツーアウト2塁になり、あとアウトは一つです。

今までもマウンドでの頼もしさはありましたが、今日は球場全体を揺らすような存在感。

ベンチの降谷も今日の当番がないかもと思うほどです。

三高のバッターは5番ライト佐々木。

手元で動いてくるボールを捉えるにはギリギリまで懐に呼び込みコンパクトに振り抜くのみ。

ベンチは強気のGoサインです。

佐々木は春の対決で沢村の実力を知っています。

しかも球速は増し手が付けられなくなりつつあると警戒。

御幸は佐々木がバットを短く持って食らいつくならば、さらに届かない外側へのコースを要求します。

しっかりと守れば攻撃に繋がる。

俺たちはそれが出来ると自信をもって初球を投じる沢村。

佐々木はまともな勝負が無理ならば、一か八かの勝負に出ます。

外にヤマを張った佐々木は強引にバッターボックスから足を踏み出して外角のボールを振り切ります。

打球はサードの横を抜けて浅いレフト前ヒット。

レフトが青道唯一の弱点だと事前に打ち合わせをしていた三高ベンチ。

今日のメンバーが麻生の場合、ランナーはストップ。

しかし結城の場合は違いました。

予めGOサインで決めていたのです。

ランナーはサードを回りそのままホームに向かいます。

バックホームする結城。

しかし、その返球は高く逸れてしまいました。

御幸のタッチも間に合わず判定はセーフ。

先取点は三高です。

この様子を見てベンチで右手を高々と上げる天久は、早くも勝利を確信するのでした。 

ダイヤのAactⅡ【235話】感想

4回表。ついに均衡が破れました。先取点は市大三高です。

4番の星田を三振に取り沢村も決して油断をした様子はなく、御幸の忠告にも焦ることなく頷いたり、球場を支配するような存在感など、佐々木も感じるように回を追うごとに成長しています。

ここはヒットを打った佐々木と、青道で唯一の弱点をレフトだと見越した田原監督の作戦が上をいったと思うべきでしょう。

青道としてはエラーで出塁したランナーがホームを踏むという、嫌な流れでの失点となりました。

ダイヤのAactⅡ【236話】考察予想

佐々木のしぶといヒットで先取点を奪われた青道。

沢村本人もしっかり守れば攻撃が応えてくれると思っていただけに、中盤での1点は厳しいです。

ツーアウトですがランナーはまだいるため、沢村が精神的なダメージで追加点を取られなければ良いのですが。

一方、1点あれば十分だと自信ありげな天久。

元々スロースターターの天久ですが序盤を無失点に抑えたことから、調子はさらに上がりそうな雰囲気です。

青道のキーマンは倉橋かと思いましたが、ここは守備の汚名返上で結城に期待するところです。

ダイヤのAactⅡ【236話】へ

まとめ

この記事では、ダイヤのAactⅡ【235話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「ダイヤのAactⅡ」を1冊無料で読む