名探偵コナン

名探偵コナン【1070話】最新話ネタバレ確定&感想|灰原!宮野志保を知る人物とは!

こんにちは。ひらりです。

2021年4月14日発売の週刊少年サンデーより、名探偵コナン【1070話】「こんな所で会えるとは・・・」を読みました。

1069話では、杯戸神社の事件は見事コナンと服部が解決しました。

その後、和葉に正体がバレていたことが分かった服部は、杯戸神社に縁結びの祈りをしに来たことを白状しますが、

和葉はそれが自分のことだとは分からず、2人はまた喧嘩をしてしまうのでした。

それでは、この記事では、名探偵コナン【1070話】のネタバレと感想&次話考察予想にについてまとめました。

名探偵コナン【1070話】最新話ネタバレあらすじ

この日は日曜日。コナンたちは飼育小屋の飼育当番が当たっているため、学校に向かっていました。

灰原がコナンたちや街から聞こえてくる何気ない会話から、黒の組織を連想しています。

怖がるように自分の体を抱き締めている灰原を見たコナンですが、灰原は何もないと平静を保っていました。

学校に着くと、そこには日曜日にもが関わらず小林と若狭がいます。疑問を持つ元太に、灰原は2人には来客があるのだと答えました。

その時、灰原は寒気のする視線を感じました。

歩美には誤魔化す灰原でしたが、コナンは灰原が何に怯えているかに気付き、何の心配もないと安心させます。

しかしその時、1人の男が灰原に声をかけてきました。しかも、灰原が宮野明美の妹、宮野志保であると知っています。

否定しようにも声がでなくなってしまった灰原を庇うように、コナンは前に出て男の正体を知ろうと大声を上げました。

何も知らない歩美たちも灰原を男から遠ざけようとします。

ここで男の正体が判明します。

灰原に声をかけてきた男村田匠、その他柳町岳、市原聖子の3人はこの小学校の卒業生であり、同窓会をやりに来たのです。

13年前に見た宮野志保とそっくりだからと灰原に声をかけた村田でしたが、残る2人から今も子供なわけがないと言われて納得しました。

コナンはとにかく無関係で通すように小声で灰原に伝えます。

その時、若狭は灰原をじっと見ていました。

ヘルエンジェルの娘なのかと灰原に疑いをかけた若狭ですが、そんなはずはないと自分の予想を否定します。

村田たちは会場作りをしている同窓生の待つ教室に行く前にタイムカプセルを掘り起こすと言いました。

しかし埋めた場所を知っているのはなんと宮野明美だと言うのです。

宮野明美を待っている人は、誰も宮野明美が死んだことを知りません。その時、小林がある紙を取り出します。

それは担任の国上が宮野明美から預かったというメモです。

メモには暗号がかかれており、何故か3人の表情が変わりました。戦慄が走ったような顔です。

3人の様子が少し変になりました。3人は他の人には言わず、3人で暗号を解きタイムカプセルを探すと話しています。

その時、コナンは協力を提案しました。

コナンが狙うのはタイムカプセルの中にある、宮野明美が灰原に宛てたメッセージ。

3人よりも早く見つけて灰原に届けると約束しました。

名探偵コナン【1070話】感想

偶然宮野明美と宮野志保を知る人物が現れてしまいましたが、それよりもどうして灰原はこの日最初から怯えていたのかが気になりました。

何か予感がしていたのでしょうか。

見所は若狭の悪い顔です。灰原が宮野志保なのかと考えている時の顔は、まさに犯人顔です。

早く若狭がどういう人物なのか知りたいです。また、暗号を見た時の3人の反応も気になりました。過去に何かあったことは間違いありません。

今回、この暗号に関係して誰かが死ぬことはあるのでしょうか?

名探偵コナン【1071話】考察予想

暗号の意味はさっぱり分かりませんが、わざわざ宮野明美が暗号を残したという事実に3人は驚いたのだと予想します。

それはタイムカプセルを埋めた13年前に何かが起きていたからです。

3人が他の者に言わずに探そうとしたことから、良い事ではありません。

宮野明美がタイムカプセルを埋めたことも分かっているので、タイムカプセルの中には見られては良くないものが埋まっており、

3人は暗号の存在から宮野明美に中身が知られてしまったと怯えているのではないでしょうか。

まとめ

この記事では、名探偵コナン【1070話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▼名探偵コナン劇場版もU-NEXT▼

\『緋色の弾丸』記念/
\劇場版過去作23作品も見放題/

時計じかけの摩天楼/14番目の標的/世紀末の魔術師/瞳の中の暗殺者/天国のカウントダウン/ベイカー街の亡霊/迷宮の十字路/銀翼の奇術師/水平線上の陰謀/探偵たちの鎮魂歌/紺碧の棺/戦慄の楽譜/漆黒の追跡者/天空の難破船/沈黙の15分/11人目のストライカー/絶海の探偵/異次元の狙撃手/業火の向日葵/純黒の悪夢/から紅の恋歌/ゼロの執行人/紺青の拳

▼過去作を見てから映画を見る?▼