BUNGO-ブンゴ-

ブンゴBUNGO【259話】最新話ネタバレあらすじ感想|不敵に笑う伴野?!

こんにちは。ひらりです。

2021年2月25日発売のヤングジャンプより、BUNGO-ブンゴ-【259話】『命令』を読みました。

258話では、富士ヶ丘シニアと知多シニアの試合。2点リードする富士ヶ丘ですが、4回裏に1点を返した知多。

三科が、意地のタイムリーヒットを放ちました!ワンアウトの状況で、尚もランナーは2・3塁。1打逆転の場面で・・・碓井がマウンドに上がったのです!!

それでは、この記事では、ブンゴBUNGO【259話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ブンゴBUNGO【259話】最新話ネタバレあらすじ

西浦の披露を見て、早めの継投を考える皆浦。

河村に、マウンドに上がる準備を頼みます。

ただ・・・西浦の次は自分が投げると話す碓井。

その言葉に、河村が反応しました。

昨日の試合で登板した碓井は、今日投げれば明日の登板はない・・・。

つまり、静央へのリベンジは叶わないのです。

それでも、碓井は譲らず・・・。

河村の打撃が好調なことから、今日は打撃に集中するよう話しました。

今日勝たないと、次はない!!

碓井は目の前の敵を、全力で潰すことしか考えていません!

ワンアウト1・2塁の状況で、6番の中村を敬遠した碓井。

満塁策をとり、併殺打を狙います。

その策を見て、下位打線も侮れないと話すのは間瀬。

野田も同じ意見で、瑛太も無失点で凌ぐのは厳しい状況だと話しました。

同点で切り抜けたい場面だと、自分なら思うと呟く袴田。

ただ、富士ヶ丘の選択は前進守備!!

これは、絶対に無得点で切り抜けるという覚悟です!

富士ヶ丘の策を見て、得策ではないと指摘する近藤。

失敗した時の、精神的ダメージが大きすぎる・・・。

玄崎も同意見ではありますが、それは投手によると付け加えました。

白黒ハッキリさせたい碓井には、この方が良いと感じる玄崎。

不屈の闘志を持つ碓井は、この前進守備にある命令を込めています。

それは、河村への命令・・・。

この試合は自分が勝利に導く代わりに、次の試合では投打で爆発しろ!!

河村へのそんな命令をこめ、碓井は内角に投げ込みました。

碓井がここまで河村を信頼するのは、その姿勢を認めているからです。

文吾に負けてから、涙を流してトレーニング励んだ河村。

河村が嫌いな碓井ですが、その行動は認めざる終えませんでした。

全てを河村に託し、2球目を投げる碓井。

しかし、栄はバントの構え・・・。

スクイズを試みたのです!

ただ、ボールの勢いに浮き上がる打球。

突っ込むサードの西浦を見て、3塁ランナーの伴野は脚を止めました。

そこで、わざとバウンドさせて捕球する西浦。

見事にホームゲッツーを決め、危機を乗り越えます。

富士ヶ丘の勝負強さを、痛感する静央のメンバー。

さらに、6回には3連続のソロホームランを放った河村。

再び、2点差に突き放しました!

完全に流れは富士ヶ丘のペース・・・。

ただ、伴野は不敵に笑い、未だに知多のペースだと話すのです・・・。

ブンゴBUNGO【259話】感想

この試合、初めて大きなチャンスを作りだした知多。

しかし、富士ヶ丘の守備に阻まれました。

満塁策をとり、意地を見せたのは西浦。

先程までマウンドに立っていたため、これは西浦が作りだしたピンチなのです。

そのピンチを他人任せにするなど、彼女のプライドが許さなかったようですね。

見事にピンチを切り抜け、渡さなかった流れ・・・。

さらに、河村のホームランまで飛び出しました。それでも不敵に笑う伴野は、勝利を確信しているのでしょうか・・・?

ブンゴBUNGO【260話】考察予想

次回は6回裏、知多の攻撃から始まります。残す攻撃は2回のみですが、伴野は未だに勝利を疑っていません。

つまり、自分が打って勝ちきる自信があるということです!

ここでは伴野の自信通り、知多が勝利すると予想します。

エースの三科を温存した状態で、伴野がホームランを放ち逆転!!

碓井を完璧に打ち砕き、勝利を収めると予想しました。静央と日本の4番の戦いが、3回戦では見られると思います。

三科も文吾に嫉妬心を燃やしているようですし、面白い戦いになりそうです!

まとめ

この記事では、ブンゴBUNGO【259話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶最新の「ヤングジャンプ」を無料で読む